工場 人間関係 最悪

 

仕事の人間関係って一度こじれてしまうと、

以前の状態のように修復するのが困難だったります。

なぜなら、価値観が違う者同士の集まりだからです。

 

それは身近な友達や家族と比べると分かります。

例えば仲の良い友達とケンカをした時は、

しばらくすると気持ちが変わってどちらか謝ります。

そして以前よりも強い絆が生まれることもあります。

 

それが工場に限らず仕事の人間関係では、

一度こじれてしまうと、

 

その傷が更に開いていくことが圧倒的に多いのです。

 

なぜなら、人は知らない相手を警戒するからです。

価値観が違うと相手の考えてることが分からないので、

どうしても警戒して自分の身を守りたくなるのです。

 

僕も製造業の派遣社員として工場で働いてました。

そこでは想像もつかないほど人間関係に悩み、

修復することができなくて最悪の結末となりました。

 

今回は僕の製造業時代の時の、

失敗から学んだことをお伝えしたいと思います。

また苦しい状況から道を切り開いた話もしますので、

ぜひ、最後まで読んで頂けたらと思います。

 

人間関係が楽かと思ったら勘違いだった

 

僕は20代はずっとフリーターをやってました。

29歳くらいの時に将来に不安があったので、

製造業の会社に派遣社員として入社しました。

それに派遣社員は時給が良かったのもありました。

僕の目的は完全にお金だけで他に何もありませんでした。

 

また工場の仕事って楽なイメージもありました。

工場って単純なライン作業のイメージがありませんか?

僕も姉から実際に聞いてた話もあったので、

自分も工場で働いたら単純作業なんだろうな・・・

そんな楽してお金を稼げるイメージしかなかったです。

 

それに人とあまり関わらないから、

人間関係も楽なんだろうなって勝手に思ってました。

仕事も人間関係も楽でそれでいて時給も高くて、

工場の仕事ってある意味夢のような仕事だと思ってました。

だけど実際は最悪な現実を経験することになったのです。

 

それは誰とも話せる人がいない孤立した状態と、

そして班の班長からの執拗なパワハラでした。

2年目に係長に相談して部署移動を願い出たら、

 

「ああ、あれね。お前の勘違い!」

 

とシレーっと言われて片付けられてしまい、

また班長からのパワハラに耐える日々が続きました。

最初はほんの些細なきっかけでした。

とは言っても最初から班長は上から目線のような接し方で、

それが鼻につくというかどうにも受け入れ難かったです。

 

そんな僕の態度が気に入らなかったんだと思います。

次第にエスカレートして溝は深まっていきました。

このままだと余計に酷い状態になると思った僕は、

今までの態度を改めて接するようにしていきました。

 

すると逆に班長のパワハラが余計に酷くなったのです。

理由は高圧的な態度で接したら言うことを聞くようになる・・・

と勘違いして余計に酷くなってしまいました。

こうなると人間関係は余計に最悪な方向へといきます。

 

業務自体もストレスが溜まるし、

夜が弱いのに隔週で夜勤をやらないといけないし、

ほぼっ強制的に毎月100時間の残業に休日出勤。

周囲の人間も新参者の僕には基本的に上から目線で接し、

そんな環境に疲れて次第に気力を失っていきました。

 

転職しようにも勇気が出なくて何度も挫折

 

そんな最悪な人間関係の中、

この先もただ黙って耐えて仕事なんて嫌だったので、

家に帰ったら転職サイトで求人をよく見てました。

大体目を付けるのは同じ業界ばかりでしたね。

 

異業種に転職なんて覚えるのが面倒だからです。

新しい環境に馴染めるかどうかも分からないし、

人間関係だって上手くやっていけるか不安でした。

正直、部署移動ができればそれが良かったのですが、

係長の態度でそれは無理だと諦めざるを得ませんでした。

 

そこで転職するしか方法がないと思い、

転職サイトを覗いては目ぼしい会社を探してました。

もちろん希望に近い条件の会社もありました。

なので僕は転職サイトに登録して面接も受けました。

けど結局は転職することはありませんでした。

 

理由は環境が変化してしまうことへの怖れです。

 

転職しても良い結果になるかは保証がありません。

落ち着くまでは生活も不安定になってしまうし、

仕事を覚えるのだって同じ業種でも大変です。

最初は道具がどこにあるのかさえ分からないのです。

結局は一から覚えていかないといけないわけです。

 

それに何よりも仕事の人間関係は難しいもので、

一からだと信頼を得るのにも時間が掛かります。

認められて気分よく仕事をするには時間が掛かるのです。

その前に仕事と人間関係が上手くいくか不安があります。

いろいろと乗り越えないといけない壁が非常に手間なのです。

 

そんなリスクを考えると、

結局は元の会社に居続けた方が気が楽だと思えます。

けど人間関係が最悪ならジリ貧で追い込まれていくので、

もうどうしたらいいかホントに分からなくなるんです。

転職は怖いし、今の会社に居続けても追い込まれるし・・・

僕は勇気が出なくて転職を何度も挫折しました。

自分が情けなくて本当に嫌で仕方がなかったです。

 

道を切り開くことができたネットビジネスという副業

 

そんな苦しさの真っただ中だった時です。

ネットで今の苦しい状況を打破する方法を探してたら、

ネットビジネスが副業に向いてるというサイト見つけ、

興味が湧いて読み込んでいきました。

 

ネットビジネスとは、

ブログに企業の広告を貼って稼ぐビジネスです。

広告とは大手のGoogleやアマゾンや楽天、

他にはANAやリクナビやライザップなど、

誰もが知ってる企業の商品を紹介します。

成約したら一部を紹介料として貰えます。

 

実はネットビジネスそのものは10年前から知ってました。

けど自分には到底無理だなって思ってたんですね。

だって複雑そうで、できる自信がなかったんです。

 

けどネットで色々と検索している中で、

どのサイトもネットビジネスというキーワードが出てきて、

僕はどんどん気になっていったのです。

 

ネットビジネスのメリットは、

何といっても会社にバレずに自宅でできることです。

時間も決まってないので自分の都合で作業ができます。

 

また確定申告を恐れる人がいるようですが、

申告の際に「自分で納付」にチェックを入れるだけで、

会社に一切バレることなく副業をすることができます。

 

そもそも僕達が働く理由はお金が大半を占めてるわけです。

第2節 世代別にみた意識と就業行動 – 厚生労働省(7P)によると、

「賃金が低い」という項目がトップにあることからも明確です。

 

もしその働かなくてもお金の心配がないとしたら、

きっと誰もが今の仕事を続けていないのではないでしょうか。

 

生活ができなくなることへの不安で辞められないというのが、

会社とは別の収入があることで気軽に辞めることができ、

それに転職先がダメなら辞めてさっさと次の仕事を探したり、

 

もう一つの収入の柱があるだけで随分気が楽になります。

 

僕もネットビジネスを副業としてやってたことで、

追い込まれ続ける人間関係に耐えることをやめて、

思い切って逃げ出すという決断をすることができました。

それでも今でもちょっとトラウマが残ってるんですが、

もしあのまま続けてたらと思うと想像するだけでゾッとします。

 

意外と知られていない事実

 

あなたは転職することと、

副業を始めて稼ぐ力を身につけることと、

どちらが難しいと思うでしょうか。

 

副業といってもアルバイトは除外します。

因みに個人ビジネスの副業で何がいいか~では、

失敗する副業を実際の僕の経験からお伝えしてます。

 

話を戻して先ほどの質問ですが、

多分ほとんどの人が副業が難しいと答えると思います。

 

なぜなら稼ぐことが難しいと思ってるからです。

なぜそう思うかと言うと一度もやったことがないからです。

人は未知のことに対して必要以上に恐れてしまいます。

これは人間の心理なのでどうしてもそうなるんですね。

 

けど転職って新しい環境に馴染めるか分からないし、

一度決めたら後に戻れないというデメリットがあります。

これって思い切って飛び乗った船の船底に穴が空いてたみたいに、

飛び乗ったはいいけど失敗のリスクが付きまといます。

しかも後悔しても後には戻れないわけです。

 

けど副業をする場合は、

わざわざ環境を変えるわけではないので、

今の仕事を続けながらでもやることが可能です。

 

そして僕も実際に経験したことですが、

収入が他にあるだけで同じ会社で苦しむことでも、

全く精神的に掛かるウエイトが違ってくるのです。

 

僕は部署移動はできても廃人も同然な状態だったので、

使えないダメ社員の烙印を押されてしまい、

数ヶ月おきに部署移動させられまくってました。

 

異動させられる度に居辛いというのがありましたし、

他の社員から何て思われてるのか目も合わせれなかったです。

なので余計に他人を避けるようになってしまいましたが、

それでも心のどこかで安心感があったんですね。

 

なぜなら自分には収入の保証があったからです。

 

その保証は自らが作った保証です。

なので自分で増やすこともできるわけです。

つまり収入を自在にコントロールできるということです。

人は自分のコントロール下にあると非常に安心します。

自分でコントロールできないと不安になってしまうのです。

 

あなたが工場に限らず仕事で辛いのでしたら、

副業をすることが道を切り開く唯一の方法だとお伝えします。

特にネットに人が集まってるのでネットビジネスです。

国が何とかしてくれると思ってても現実は何も変わりません。

変えられるのは自分の身を自分の手で助け起こすからです。

そしてその方が人生は何倍も楽しいのです。