お金の悩みってほんと切実な悩みですよね。

節約の方法とか管理の仕方とか難しいことばかり・・・

できなかったら使い方が下手な自分にうんざり・・・

正しいお金の使い方って一体何なのでしょう。

 

富を得るには使うことが大事と言われています。

 

これって何だか矛盾しているように感じますね。

だってお金が欲しいのに使ってしまっては、

どんどん減っていくばかりになってしまいます。

けどこれが正しいお金の使い方なのです。

 

なぜなら自分の実力を高めるためには、

お金を使って自己投資する必要があるからです。

つまり自分の成長のためにお金を使うことです。

 

3つのお金の使い方

 

あなたはお金の使い方と聞いたら、

どんなことを思い浮かべるでしょうか。

実は世の中には3つの使い方があるのです。

それはどのようなものかと言うと、

 

  1. 浪費
  2. 消費
  3. 投資

 

以上の3つです。

浪費とは遊びやショッピングなどの娯楽のことです。

必要以上の贅沢や1度も使わなかった衝動買い、

タバコに酒、それに馬券やパチンコなどの賭け事、

このようなお金の使い方を浪費と言います。

お金の下手な使い方とは浪費のことを言います。

 

消費とは生活していく上で欠かせないものです。

家賃、食費、交通費、通信費、水道高熱費など、

これらは生活にはどうしても必要なものです。

このようなお金の使い方は消費となります。

 

最後に投資ですが、後にリターンが生まれる使い方です。

投資と言えば株式投資やFXや不動産のイメージがありますね。

確かにこうしたお金の使い方はリターンがあります。

けどそれだけじゃなくスキルアップのセミナー代や、

教材費用、書籍購入など自分の成長に繋がることも、

投資というお金の使い方に入ります。

 

セミナーや教材や書籍などは知識を得て、

その知識を活用してリターンを得られるからです。

僕はネットビジネスの教材を購入して勉強しました。

それによって収入が得られるようになったので、

このようなお金の使い方は自己投資と言います。

 

正しいお金の使い方は自己成長に繋げること

 

自己投資とは自己成長のことです。

自分を成長させるためにお金を使うことです。

それによってリターンを得られるわけです。

 

だからと言って欲しい物を我慢しろとか、

決して贅沢をしてはいけないとか、

そういうことを言いたいんじゃないんです。

 

大切なのは自分が本当はどうなりたいのか?

 

ということなんです。

今、好きでもない仕事を我慢してやっていて、

それでも自分を説得して何とかこれまでやってきて、

そしてそれを定年まで本当に続けたいと思いますか?

本当のところではどのように思ってるのでしょうか。

 

僕は当時サラリーマン時代だった時、

ずっと我慢して働くことは耐えられないと思ってました。

人として生まれてきて人生の大半を会社に捧げるって、

それが自分が心から納得してるならいいのですが、

そうじゃなく嫌々やってるっていうのは苦痛です。

 

それを20代30代と人として輝いてる時期に、

我慢や耐えることに使ってしまうのって、

お金の使い方以前に人生の使い方が浪費になるのです。

なぜなら生きるエネルギーを奪われてしまうからです。

 

休日になるとドッと溜まった疲れが取れず、

そして日曜の夕方から段々と気分が憂鬱になり、

月曜の朝になると一番気持ちが重くて仕方なく、

それでも我慢して出勤すればストレスの毎日。

 

誰とも会いたくないし、何もしたくないし、

そのまま年だけとってしまっては、

一体何のために生まれてきたのかさえ分かりません。

今一度、自分は本当にこのままでいいのか?

自分の本音の部分と向き合ってみてもいいのではないでしょうか。

 

過去のどの時代よりもチャンスに恵まれてる現代

 

僕達の今生きている時代は、

1990年初期のバブルが弾ける以前と比べると、

確かに恵まれていないように思えるかもしれません。

 

けどその当時になくて今の時代にあるものと言えば、

あなたは何が思いつくでしょうか。

 

それはインターネットの普及です。

 

特に2010年代ではスマホの普及によって、

ネット人口が爆発的に増えていきました。

今やネットに使っていない人を探す方が難しいです。

 

それだけあまりに多くの人がネットに集まってます。

そして昔から人の集まる場所には金も集まると言います。

人が集まる場所がネットならブログを開設すれば、

そこでアクセスを集めれば報酬に繋がるわけです。

 

過去、戦国時代や江戸時代においては、

土地を開墾して米を多く作った人が成功者でした。

この時代ではお金よりも米に価値があったらしいです。

大名が何万石と米の取れ高で評価されていたところから見ても、

食料がお金より価値があったことがわかります。

 

そして戦後の日本では工場がたくさん建っていきました。

物を多く生産した人がこの時代では成功者だったのです。

 

そこからホワイトカラーと呼ばれる事務系の労働者が増え、

時代は物から情報へと価値が変わっていきました。

大企業に就職したら勝ち組なんて言われてた時代です。

大手に就職すればそれだけ給料も高かったわけで、

昇進もエスカレート式に上がっていってました。

 

でもこれはバブルが崩壊する前の古い価値観です。

就職できれば安定するなんてのも同じことです。

だけどここで一番何がいいたいかと言うと、

 

時代に則った手段を選ぶべきといことなのです。

 

ネットに人が集まる時代だからこそ、

ネットビジネスは今の時代に則しているわけなんです。

当然サラリーマンの副業からも言えることです。

 

正しいお金の使い方とは自己投資です。

そして自己投資とは時代に合った投資をすること。

それがお金との付き合い方になります。

最後までお読み頂きましてありがとうございます。

 

 

PS.

今日も青空の下でスノーボードに行ってました。

正しいお金の使い方としてネットビジネスに自己投資し、

その結果、自由な人生を謳歌することができました。

今の時代だからこそできる贅沢だと思います。

そして実行に移す人には平等にチャンスがあると思います。

 

帰りはいつものカフェで夕ご飯。

マヨネーズの風味のマヨカツ丼。

見た目は親子丼のようにしか見えませんが。笑

ここのカフェは何を食べても美味いです。