自由な人生を生きたい人は多いと思います。

そのためには何を諦めて何をやっていくのか?

自分で決める自己責任の姿勢が大切になってきます。

それが自分の人生を生きる覚悟となりますが、

 

そもそも何をしたらいいのか分からない・・・

 

具体的な方法というのが一番悩みませんか?

自由になりたくても方法を知らなければ、

どうにも行動の移しようがなかったりします。

僕も20代の頃は全く見当もつかなかったです。

 

ただ方法を知ってても続かない人が多いんですね。

基本的に成功できない原因は途中で諦めることです。

自分の人生を生きる覚悟って決断することじゃなく、

 

日々の積み重ねを実行し続けることなんです。

 

一瞬の覚悟なんて誰だってできますが、

その覚悟をどのように保ち続けるかなんです。

なぜアスファルトから雑草が生えてくるのかわかりますか?

あの硬いアスファルトを突き抜けて芽を出すのです。

だけど、この問いに答える人は意外と少ないのです。

実は答えは非常にシンプルなんです。

 

それは「弱い力で押し上げ続けた」からなんです。

 

普通なら弱い力で押し上げ続けても、

アスファルトに押さえ込まると思ってしまいますよね。

だけど実際は突き抜けて大地に顔を出してるのです。

それは道端の雑草が至るところで証明してくれています。

 

僕達は自分の尺度で物事を判断していまいがちです。

けど実際にやってみないと分からないことは多いです。

ネットビジネスに関しても全く同じことが言えます。

実際にやってみると意外と稼ぐことができるんですね。

 

なぜなら継続という弱い力だけでいいからです。

 

当然、継続には正しい方向性というものがあります。

それを知らなければ継続の意味はなくなってしまいます。

そんな僕も2014年1月から副業からはじめました。

今では独立して自由なライフスタイルを送ってます。

 

サラリーマン時代にずっと不可能だと思ってたことが、

自分に実現できるなんて思ってもみませんでした。

それも正しい方向性と弱い力で継続なんですね。

 

そんな土の中のサラリーマン時代も、

アスファルトを突き抜けるように自由になりました。

今では冬の時期はスノーボードにどっぷりハマってます。

最近はずっとスノーボードばかりに明け暮れてます。

そしてオフの日は夕方からジムに行って汗を流してますが、

この前、トレーニング後の帰りに食べたつけ麺が美味かったです。

 

そして翌日は土日だったので

ボード仲間と滑るためにゲレンデに向かいました。

ドアを開けると雪が降ってたのでテンションが上がりました。

車のハンドルを握ってワクワクしてました。

 

ゲレンデについたら早速ボード仲間は先に滑ってました。

僕はいつも昼辺りから合流するのでまずは仲間探し。

先に滑ってた仲間数名を見つけて合流。

 

帰りは僕の地元のまだ行ったことがない店で、

ボード仲間4人と行ってみることに決定。

雪が降る中で店の佇まいがいい雰囲気を出してます。

 

これ「びゃんびゃん麺」というらしいです。

長いワンタンメンを食べているような感じでした。

僕はオーソドックスな醤油スープのびゃんびゃん麺と、

これまた普通のご飯を頼みました。

 

普段なら僕の家に一泊して、

翌日は一緒にゲレンデに向かうんですが、

今回は仲間の1人が翌日仕事ということで解散。

翌日になってまた昼くらいになって合流します。

2日目は上級者コースを責めてました。

 

この景色が味わえるのもゲレンデの醍醐味です。

 

自分の姿を写メに撮ってもらいましたが、

黒いかたまりのような姿でした。

 

3時ごろになって小腹が空いたので、

これまたゲレンデの醍醐味の甘いスイーツ。

いつもチョコレートパフェばかり食べてます。

 

僕はこんな日々を実現したいぁって、

ずっとサラリーマン時代に思い描いてました。

電子部品関係の製造業の会社に派遣社員で入社し、

無機質な機械にまみれてただ盲目的に仕事をしながら、

いつかは変わりたいとずっと思ってましたね。

 

夜勤で眠気でフラフラになりながら、

休憩のために暗い階段を上っていく毎日で、

休憩中はコンビニで買ったカップラーメンをすすり、

残った時間で少しでも体を休めようと睡眠をとってました。

 

そんな中、自分は変われるんだろうかと悩み続け、

全く別の人生を生きられるなんて想像もつきませんでした。

だけど自分の人生を生きる覚悟を決めた時、

自分が本当に望んでる自由な人生が開けてきました。

 

結局は自分の人生を生きる覚悟なんですね。

決めると道は開かれると言われていますが、

正しくこのことだなって実感しました。

あなたは何に自分の人生を生きる覚悟を決めますか?