改めて思うことがあります。

僕はサラリーマン時代は・・・というよりは、

正社員になれたのは二十歳の頃の1年2ヶ月しかありませんが、

 

30代中盤で独立して数年になり、

こっちの方が断然精神的にも経済的にも安定している!

というのを常々感じています。

 

というのも、自分でビジネスをしているので、

収入を自分の裁量でいくらでもコントロールできるからです。

 

雇われていた頃は、

仕事が嫌いで仕事に関わる人間が嫌いで、

やってることが楽しいと思えなかったし、

マシだと思っていた仕事は一定期間で終わるし、

上司を中心に常に話が合わなくてホントに嫌だったです。

 

それでいて給料なんて雀の涙くらいしかなくて、

ちょっとだけの贅沢をしようものなら、

節約を意識しざるを得ないくらいでした。

 

というよりは仕事のストレスから、

それを解消しようとして浪費してしまうので、

いつも金欠状態でお金に不自由する日々でした。

 

たとえば生活の為に言いたいことを我慢して、

仕事が終わった後の解放感から、

ついコンビニに寄って甘い物を買って車で食べてました。

 

「コンビニの買い物くらい大したことないだろ!」

 

なんてツッコまれてしまいそうですが、

それが毎日積み重なるとどうなるでしょうか。

 

100円の菓子パンを買っても足りないので、

つい100円のチョコレートを買い足してしまい、

ついでに飲み物も欲しいので100円のものを買うと、

 

300円×30日=9000円

 

単純に計算するとこれだけ無駄遣いしてしまいます。

それに100円が150円とか200円になったりすると、

1ヶ月9000円から更に無駄遣いは増えていきます。

 

更に外食をしたくなってしまう日もありますし、

ストレス解消に服やドライブや温泉に言ってました。

 

それで気持ちが満足するのならいいですが、

また仕事でストレスを溜めてその解消にまたお金を遣うと、

 

一体、何に遣ったか分からないほど、

財布の中身が驚くほど無くなってるのです。

 

これが非常に厄介で解決できない難問でした。

結局、独立して生き方を変えるまで解消はできませんでした。

 

仕事が合わないと続かなくて途中で辞めるか、

ストレスを溜めながら耐え続けるの2択しかありません。

 

何よりも辞めてしまうと次を探すのに苦労します。

 

その間、収入が一切なくなるので、

結局は別のかたちで精神的に追い込まれることになります。

そしてやっとの思いで次の仕事を見つけられたと思ったら、

また合わない仕事による精神的ストレスに晒されてしまう・・・

僕にとっては雇われることは無間地獄のようでした。

 

だけどこれは僕に限らず、

同じような悩みを抱えて苦しんでる人は世の中に多いです。

これを読んでるあなたは仕事に悩まされてませんか?

 

それを続けてこの先に明るい未来は待ってるでしょうか。

 

僕は独立してからはそんな強い経済的不安にはなってません。

よく自営業は保証がないから会社員より危険だなんて言われますが、

 

会社に収入をコントロールされてることの方がよっぽど危険です。

 

だって仕事が合わなくても続けなければいけないし、

人間関係が合わなかったら精神的苦痛は耐えきれないし、

耐え続けたとしても自分が壊れて会社は面倒をみてくれません。

それに辞めたら次の仕事を探すのさえ苦労します。

 

はっきり言って、自分で収入を得る力を付けた方が健康的です。

 

経済的、精神的、肉体的、時間的余裕から、

何もかもが圧倒的に自分で稼ぐ方が人生は楽しいです。

それにネットビジネスなら副業からはじめられるので、

転職の様々なリスクと比べたら遥かに精神的に楽です。

 

世の中の一般的な常識ってホント嘘なんだなって思いました。

ある意味では会社に縛り付けるとか自分と同じ仲間を集めるとか、

そういった意味で根拠もなく縛り付けているだけなのです。

 

それって杭一本で繋がれた象と全く同じ現象です。

子供の頃はいくら頑張っても鎖をちぎることはできなくて、

それがずっと記憶に残ってるので大人になってもそのままなのです。

 

本当は自分で断ち切るだけの力を持っているにも関わらず・・・

 

それが世の中の一般的な常識に凄く当てはまってると思います。

けど、世の中の常識に従ったところで幸せにはなれないんですね。

なれるとしたら無難な人生を送れることはハッキリとしています。

しかし、そんな人生は退屈で我慢の日々でしかありません。

 

「もっとやりたいことやっておけばよかった・・・」

「あの時に何で止めてしまったんだろう・・・」

 

こんな後悔をするようになってしまうのです。

だけど本当はそんな後悔なんて誰だってしたくはないものです。

では、どうすればいいかということろになってくるのですが、

非常にシンプルで自分の気持ちに素直になるだけだと思います。