僕は独立する前は、

電子部品関係の製造業の会社に勤めてました。

 

最初は派遣社員として入りましたが、

派遣の抵触日が訪れて派遣では続けられなくなったので、

契約社員というかたちで会社の直接雇用となりました。

 

僕は最初の入社したての頃に、

いきなり夜勤を2ヶ月間やってくれと言われました。

理由は夜の方が他にやることがないので、

仕事を習うには都合が良いと言ってました。

 

けど実際は仕事なんて教わることはありませんでした。

また夜って仕事の内容次第では相当な地獄になります。

それは全く体を動かさない業務に携わることです。

 

夜勤ってしんどくても体を動かした方が、

眠気に襲われないのでむしろそっちの方が楽だったりします。

けど僕は最悪なことに顕微鏡を凝視する業務だったので、

意識が飛びそうになるし、精神的にも苦痛で仕方がなかったです。

眼鏡を掛けていたのでレンズが擦れてガリガリになりました。

 

そんな夜勤も気が付けば2ヶ月が経過し、

日勤の人達が僕を見て皆驚いた表情をしてました。

 

「痩せたなー、何があったん?」

 

製造業なので防護服を着て、

体は完全に覆われて目だけしか分からないのに、

それでも僕が痩せたことに驚いていたのです。

僕は最初の1ヶ月だけで7キロも痩せてました。

 

そんな部署もわずか5ヶ月で仕事がなくなっていき、

僕にも部署異動の命令が課長から下されました。

 

次に入った部署が基盤実装係という部署です。

ここは電子の基盤に半田で部品を取り付ける部署です。

それを機械で全自動で行うライン作業でした。

製造業と言えば簡単なライン作業のイメージがありますが、

僕にはそれとは対称的な職人気質な部署に回されました。

 

ここの部署は人間関係にかなり問題がありました。

社員同士で別の社員の陰口を叩きあったり、

仕事のあらを探しては陰で罵ったりしてました。

 

また上司と社員との間に派閥もありました。

本人達は目の前では普通に接してても、

陰では信用できないとか憎んだりしてました。

 

そんな僕も末端の社員でかつ派遣社員だったので、

特に班長からの接し方は粗悪なものでした。

1年2年と年数が経過するごとにパワハラを受けるようになり、

仕事に行くことが精神的に苦痛で仕方なくなりました。

 

製造業ってやりがいを全く感じられない業界です。

どんな仕事でも単調で決められたことの繰り返しです。

単調なんだけどこの部署は機械の操作が複雑で、

社員達も毎日イライラしながら作業をしてました。

 

心に余裕がなくなる仕事だし、

そもそもが好きでもない仕事を我慢してやってるので、

どうしても責任転嫁したくなってしまいます。

 

ただこうした状況って抜け出し難いものです。

パワハラなんて受け続ければどんどん追い込まれ、

最終的には社会復帰できないほど精神的ダメージを受けます。

けど辞めることなんて簡単にできれば苦労はしません。

 

生活のためには働かないといけないとか、

会社や周囲の人間になんて言われるか分からないとか、

次の仕事なんて簡単には見つからなないから億劫とか、

転職先が見つかっても続けられるか不安だとか、

もし同じような目に遭ったらどうしようだとか、

 

とにかく考えれば考えるほど不安がつきません。

 

僕も何度も転職しようとして、

転職サイトに登録して面接まで受けたのに、

いざ転職が決まりそうになると理由をつけて断ってました。

やっぱり環境を大きく変えることには不安だったからです。

前に進みたいのに怖くて進めない苦痛の毎日・・・

でも会社では更に苦痛を味わって追い込まれていく・・・

本当にどうにもならない八方塞な状態でした。

 

そんな時にネットビジネスをスタートさせました。

仕事をいきなり辞めることが怖いなら、

仕事以外の時間で何かをやっていくしかなかったのです。

そしてプライベートの時間で今を変える行動を起こし、

そのために少しずつでも時間を作ってやっていきました。

 

最初は夜勤もあったし、残業も月100時間あったし、

休日出勤も出てたし、仕事で終われる日々でしたが、

それでも今の状況をどうしても変えたかったのです。

ネットビジネスは僕にとって蜘蛛の糸のような存在でした。

それに今までと違う人生に変えていきたいなら、

 

今までやったことがない行動をする必要があります。

 

今までやったことがある行動をしたところで、

それで人生が変えられれば既に変わってるはずだからです。

製造業という業界はやりがいのない仕事が多いですし、

閉塞的な環境だけに管理職の人間性も低いのかもしれません。

それは一概には言えませんが僕の働いていた工場では、

誰もが自分本位な考えが優先な人間達ばかりでした。

 

そもそもが好きでもない仕事を我慢してやってるので、

自分本位な思考になってしまうのは自然なことです。

人間は快楽より痛みを避けるのを優先する心理があります。

自分本位になってしまうのも当然の流れなわけです。

人間の心理として当然の流れである以上は、

 

その流れに逆らおうとして土台無理な話なのです。

 

社内の人間に気に入ってもらおうと努力したところで、

上司に評価してもらおうと必死に頑張ったところで、

そもそも自分と合ってない場所で努力するのは無駄です。

 

自分の道は自分で切り開いていくくらいが丁度良いのです。

具体的には自分で稼ぐ力を身に付けるということです。

月に1万でも2万でも3万でも会社以外で収入があれば、

それだけで心の余裕は随分と違ってくるものです。

自分の人生を本気で生きる選択をすべきではないでしょうか。