ネットサーフィンをしていて、

このような記事を見つけました。

 

収入11万円、貯金10万円の貧困女子。貯金を増やすには?

https://m.finance.yahoo.co.jp/news/detail/20170821-00005674-argent-column

 

この記事では貧困に悩んでいる女性をクローズアップし、

そして財形のプロであるファイナンシャルプランナーが答える内容です。

ここでの答えは貯金をすることと書いてあります。

 

そして月2万円貯金していて、

本来は1年間で24万円貯まるはずが、

何らかの理由で貯められていないことも指摘してます。

そこでその原因を必要な支出なのかを考えてみることだそうです。

 

さらに問題なのが貯蓄を増やす対策についてです。

年収をあげるのに転職か正社員になることを挙げています。

 

まず、本人が正社員になることはあきらめている・・・

つまり正社員になることが難しいんだと言っています。

僕自身、正社員になることをあきらめてきたので、

この女性の気持ちはもの凄く分かります。

 

正社員になりたいと思っても、

こんな自分を正社員として雇ってくれる会社なんてあるのだろうか・・・

そんな悩みを抱える人は世の中にたくさんいるんですね。

 

にも関わらず年収アップに正社員とは可笑しな話です。

では転職についてはどうなのか?

これも非常にエネルギーとプレッシャーが高いです。

そもそも今いる環境を手放すことが恐怖だからです。

 

もし、前の会社の方が良かったら・・・

もし、人間関係で悩まされることになったら・・・

もし、仕事に付いていけなかったら・・・

もし、後悔したらどうしよう・・・

もし、一から仕事を覚えるのが面倒だったら・・・

もし、もし、もし・・・

 

この「もし」がつきまとってしまい、

いざ辞めようとすると不安が襲ってくるのです。

それに対して仮に上手くいったとしても、

一体どの程度の収入アップが見込めるのでしょう。

おそらく月に良くて1~2万円程度ではないでしょうか。

 

それにこの女性は仕事環境を気に入っていると言っています。

ということは離れることにはかなり名残惜しいはずです。

そしてこのご時世で良い職場環境に巡り合えることが珍しいのです。

 

それに貯金をすると言っても、

好きでもない仕事を我慢してするようになれば、

精神的ストレスの吐き口はお金へと向かってしまう可能性が高いです。

たとえば僕は仕事が終わってから毎日のコンビニが欠かせなくなりました。

というのも甘い物が好物でストレス解消に食べたい衝動に駆られたからです。

 

そうなると今までよりも遥かに貯金が困難になります。

総合的に判断しても今の職場から離れない方が良いのです。

それよりも今の状況を無理に変えようとはせず、

 

空いている時間を活用してできることをするべきです。

 

と言っても、アルバイトなんてしても意味がありません。

そんな一時しのぎの行動をしても根本的解決にはならないからです。

僕もアルバイトをしていた時期がありましたが、

アルバイトを辞めてしまえば元の貧困生活に戻ってしまいました。

 

生活が苦しくてお金に悩んでいるなら貯金はダメです。

ましてや転職をすることは必要以上にプレッシャーが強いですし、

何よりも正社員になることはそれより遥かにハードルが高いです。

 

それこそ、個人の力で稼ぐ力を養うことが重要なのです。

 

そもそもお金は雇われて稼ぐという考えから脱却すべきなのです。

収入を誰かに握られている時点で自由はまずありません。

そして自分で稼ぐことが難しいと思っている人が多いですが、

 

そもそも知らないから、そう思い込んでいるだけなんです。

 

世の中の歪んだ常識にそのまま流されていては、

自分の本当に望んでいる生き方はできないですし、

幸せな人生を歩むことなんてまず叶わなくなるでしょう。

ずっと生活に苦しい思いを続けてしまうことになります。

 

本当はお金に悩まされない生活を送りたいですよね?

それならば今までの自分を縛り付けていた常識に気付き、

そしてそれに対して何故なのかと疑問を抱き、

そして自分の幸せのために思い切って脱却する勇気が大切なのです。

 

貯金や正社員を目指して、

今の生活に苦しい状況を打開することは不可能でしょう。

お金の根本的な問題を解決することにはならないからです。