毎月給料日前には、いつもお金がない・・・

何に使ったのか分からない使い方をしてしまう・・・

あなたもお金の使い方に悩んでませんか?

実は嫌いな仕事ってストレスが溜まるだけじゃなく、

お金の使い方もどんどん下手になってしまうんです。

 

というのもストレス解消にお金を使ってしまうからです。

 

会社の給料って何とか生活できるレベルとか、

ギリギリのラインで生活だけで精一杯のレベルとか、

時には貯金を切り崩して赤字になる人もいます。

 

僕も当時、まだネットビジネスを始める前ですが、

製造業の契約社員だった頃は給料が少ないので、

何とか節約してお金を残そうとしてた時期がありました。

 

当時は毎日いくら使ったか家計簿を付けたり、

仕事の休憩中に缶コーヒーを飲むのが勿体ないので、

水筒に自分で作ったコーヒーを入れて持って行ったり、

スーパーの総菜の閉店間際の安売りを狙って毎日通ったり、

他には弁当を作っていた持参していた時期もありましたし、

弁当が面倒なら菓子パン1個と缶コーヒー1本の時もあれば、

いっそのこと何も飲まず食わずで過ごす日々もありました。

 

こんな小さな節約をコツコツと続けていれば、

毎月1~2万円は生活費が浮くんじゃないかと期待して、

ネットなんかで他にできる節約法がないかを調べて、

上記で書いたこと以外も実践したりしてました。

確かに行動した分だけ節約はできていたのかもしれません。

 

けどお金はむしろ減る一方だったのです。

 

その原因は嫌いない仕事を続けていたからです。

どんなに節約で絞めるところを締めようとしても、

まるで穴の空いた袋のように脇からこぼれ落ちていきました。

なぜ嫌いな仕事を続けるとお金の使い方が下手になるのか。

 

それは仕事のストレス解消のために使ってしまうからです。

 

僕の場合、コンビニでつい甘いものを買ってました。

仕事で我慢して我慢してこれでもかというくらい我慢して、

感情にフタをして何も感じないように過ごして耐え続け、

これでもかというくらい自分を抑えて過ごしていると、

それをどこかで発散したくなってしまうわけです。

それが甘いものへと向かっていったのです。

 

人間の感情とは抑えようとしても不可能なのです。

感情と言うのは適切に出さなければ鬱になります。

仕事でストレスが溜まるって自分を抑えてしまうからで、

それが我慢とか耐えるとか言葉の表現こそ変わっても、

 

本質的には感情を抑えてしまうことにあります。

 

スポーツとか歌とか自分を表現できる瞬間って、

最高の気分だし、楽しくてずっとやっていたいですよね。

人によっては自分の生きる道とさえ思えるほどです。

そして実際に人生を変える人だって希にいます。

それが情熱だとか熱い思いだとか言うわけです。

つまり人間は感情を出すことが生き方なわけです。

 

僕だってこのブログで自分の思いを発信しています。

それは自分の内にある感情を表現しているわけです。

もしそれが経験も関心もないジャンルで記事を書けば、

それは立ちどころに苦痛を伴う単なる作業となってしまい、

利益どころか、その苦痛がトラウマにもなり兼ねません。

 

また自分の感情を表に出すことは、

適切な出し方を身につける必要があります。

たとえばスポーツなら技術を身につけることで、

自分の能力を適切に効率的に発揮することができます。

それがただの暴れるだけなら自分を思いっきり出せても、

それでは単なる疲れるだけで気持ちは満たされないのです。

 

僕の場合、ブログの書き方や感情の見つめ方がそうです。

そして誰にどんな思いで何を伝えるかを明確にして、

そうやって感情の表現の仕方を訓練していくことで、

ブログを通して自分を表現することができるわけです。

こうして自分の表現の仕方が奇麗に行えるようになると、

 

それが生きがいとか生きる道とかになるのです。

 

よく好きなことはいきなり見つからないと言われます。

その理由の一つは自分の表現の仕方が身につくまで、

ある程度の時間が掛かることからもそうなるわけです。

 

嫌いな仕事を続けることは自分を抑える行為です。

それはお金の使い方が下手になってしまうどころか、

人生のそのものも生きるのが下手になってしまうのです。

それは自分の感情を適切に出すことができないからです。

そして自分を表現できないと毎日が苦痛になってしまい、

今を耐えるどころか負のスパイラルに陥ってしまいます。

 

人生って常に同じ状況のままとはいきません。

谷もあれば山もあるようにいろんなことがあります。

嫌いな仕事を続けるということは自分を抑えることなので、

それは谷の状態が当たり前の状態になってしまうことになります。

そして潜在意識とは繰り返しの行動を優先する特徴があります。

谷の状態が続けば、それが当たり前のことだと認識し始め、

そうなると、どんどん谷の方へと落ちていってしまうのです。

 

仕事で嫌いになった人で、今でも嫌いという場合、

最初に嫌いになった時の感情と今の感情を比べると、

いつの間にか嫌いの度合いが強くなっていないでしょうか。

 

もっと言えば好きな人って一度気になるとどんどん好きなり、

気が付いたら真っすぐ顔も見れないほどになっていた・・・

なんて少女漫画なんかではよくあるストーリーだったりしますね。

つまり、人間の感情って常に変化し続けてるということなのです。

また変化し続けるとは、それ自体が変化していくことで、

 

周辺の関連することも一緒に変化していく傾向があります。

 

関連性が強いほど変化の度合いも強いイメージです。

なので関連性が弱くなると変化の度合いも弱くなります。

嫌いな仕事を続けると仕事そのものも嫌いになっていくけど、

そのストレスからお金を使って解消しようとしてしまいます。

 

お金の使い方もどんどん下手になってしまいますし、

人間関係だって休日に友達と会って遊ぶ気力を失い、

ずっと家に籠ってコミュニケーション能力は落ちていくし、

ずっと家に籠れば動くことがないので体力も落ちていくし、

体力が落ちれば気力も落ちるのでやる気も削がれていくわけです。

 

嫌いな仕事を続けても百害あって一利もありません。

 

そこで働くことの何らかの意味を見出してるならまだマシですが、

ジリ貧で追い込まれていくような感じがあるのなら危険信号です。

そこで努力したところで報われることはないからです。

大抵の行動は裏目に出て疲弊してしまうのがオチです。

 

今回は、お金ということでテーマにしましたが、

実はお金だけじゃなく様々なことが悪循環へと陥ります。

嫌いな仕事を何とか続けようと考えるのではなくて、

 

嫌いな仕事を続けつつもそこから脱していける道を見つけること。

 

そしてその道を見つけて真っすぐ行動し続けること。

行動していく中で邪魔となる行動や考えがあれば捨てていき、

少しずつ人生をスライドさせていくように望んでることにシフトすれば、

リスクなく本当はどうなりたいかを実現していけるはずです。

 

そしてその具体的な手段のひとつとして、

ネットビジネスというものをここではご紹介しています。

僕自身はネットビジネスしか知らないのでそれだけになりますが、

ただ経験してみて、どのビジネスより自由度は高いと実感してます。

あなたも自分の本音に素直に行動してみませんか?

 

 

PS.

帰りは全国的な寒波が訪れているということで、

飛行機が予定時間に飛ばないかもしれないという案内が来ました。

パソコンとネット環境があればどこでも自由に仕事ができるので、

ゆっくりコーヒーを飲みながらラウンジで仕事をしてました。

ですが時間が多少遅れた程度で無事に広島に着きました。