独立

何のために働くの分からなくなったあなたに知ってほしいこと


今の仕事が辛いなら何のために働くのか分からなくなりますね。

途方に暮れてしまったり、毎日辞めることを考えたりしませんか?

あなたはその場所で頑張って先の未来が見えるでしょうか。

 

もっと自由や幸せを感じて生きたいのが本音ではないでしょうか。

 

けどそんなこと夢物語で今の苦しさを耐えるしかない・・・

そんなことを思いながら、半ば諦めの気持ちもあるかもしれません。

今が苦しい状況だと、未来もその延長のように感じてしまい、

そして決して抜け出せないかのように感じてしまいますね。

 

僕も20代の後半から派遣社員として製造業の会社で働いてた頃、

班長からの執拗なパワハラや社員達から避けられて孤立化してました。

上の上司も見て見ぬフリをして普段通りに過ごしてました。

 

班長からの意見だけを聞き入れていたので、

この会社では契約社員になると半年以内で正社員になれるのですが、

僕だけは2年以上も契約社員のまま働かされてたりもしましたし、

他の社員は36協定で月に45時間以内、年間360時間以内で、

時間外の労働で適度に定時で帰れたりしてたのですが、

僕だけは毎月100時間の時間外労働を強要させられてました。

 

派遣社員は抵触日があるので3年を越えて働くことができませんでした。

なので途中から契約社員という雇用へと変わったのですが、

どちらにしもて班長からのパワハラや嫌がらせは形を変えて続きました。

そんな班長の偏見を上の上司は分かっているにも関わらず、

班長からの意見しか聞き入れず、不当な扱いを受け続けていました。

 

最終的には精神的に耐え切れなくなって会社を逃げ出してしまったのですが、

そこでやっと部署異動をすることができても問題は続きました。

僕はやる気を完全に失ってしまったので文字通りに使えない社員となりました。

嫌な仕事はどうせ頑張っても報われないからきっぱりと断るようになり、

夜勤、休日出勤などの時間外を求められてもきっぱりと断ってました。

時には夜勤を強要させられてやらざるを得ない時もありましたが、

それでも僕も引き下がらずにいつも粘って断ってました。

 

なぜなら会社でいくら頑張っても報われないからです。

 

自分の努力なんて評価されることは全くありませんでした。

というよりは、最初からそんなことすら期待していませんでした。

むしろ必要なくなれば他の部署に回してしまえばいいという感じでした。

最終的に使えないので部署をたらい回しにされてしまい、

居場所がなくなってくのを察知して自ら辞めることを告げました。

 

ここまで暗い話ばかりが続いてしまいましたが、

結局は何が言いたいのかというと、

 

合わない場所でいくら頑張っても時間の無駄・・・

どころかジリ貧で追い込まれていくということです。

 

何のために働くのか分からないというのは、

まさにその場所が合っていないからこそ思うことです。

けど場所が合ってないからといきなり辞めることは怖いですし、

それに転職するのだって次も同じ苦しみを繰り返してしまわないか、

それどころか良い条件の仕事が見つかるかすら困難な場合が多いです。

仕事を辞めるのも、探すのも多大なエネルギーを消費してしまいます。

 

とてもリスクが高くて、行動に移せない人は多いです。

 

あなたも今そのような状況ではありませんか?

僕も在職中に転職活動を何度もしてきましたが、

結局転職を再興させることはできませんでした。

いざ転職がリアルになると心が萎縮してしまうんです。

 

「やっぱり今の仕事を耐えてた方がマシかもしれない・・・」

 

こんな気持ちがあって自分を変えることができませんでした。

しかも1回や2回ではなく、何度も何度も怖くてダメでした。

けど副業を選択したことで簡単に苦しい状況を変えることができたんですね。

月に3万円、5万円入るようになってからは気持ちがグッと楽になりました。

 

同じように会社では苦しい思いをしていても、

自分には生きる道があるんだと分かればその苦しさは半減しました。

なので別の収入があるだけでも、その会社でも耐えていけるものなのです。

もっとじっくり自分の状況を温めてから辞めても遅くはありません。

 

自宅でパソコン1台とネット環境さえあれば、

後は1人で部屋の中でコツコツと記事を書いていくだけで、

人生のどん底から這い上がっていくことができました。

おそらくネットビジネスが最もシンプルな成功の方法ではないでしょうか。

もちろん、正しい方向性を理解することと継続することは必要ですが、

他のどのビジネスよりアフィリエイトというネットビジネスは効率的です。

 

今では月収200万円を超えるまでになりましたが、

やることと言えば記事を書くという非常にシンプルなことだけです。

もっと自分の本音に素直に生きてもいいのではないでしょうか。

何のために働くの分からないのは自分の本音に気付くためでもあります。

なぜなら、自問自答し出したことが何よりの証拠だからです。

でなければ、そんなキーワードで検索なんてしないはずです。

あなたも自分の本音に素直に生きることに決断してみてはいかがでしょうか。

 

 

PS.

今日は、湖畔のレストランでパスタを食べました。

時間を忘れてKindleで電子書籍を2時間くらい読んでました。

平日の昼間からのんびり読書ができるのもネットビジネスの醍醐味ですね。

ほんとバリバリの起業家とは縁のない田舎暮らしを満喫してます。

おススメ記事


-独立