新しいことにチャレンジしてみても、

どうしても続けることができなくて悩んでしまう・・・

よく昔から「三日坊主」という言葉があるように、

僕達は物事を続けることができないものです。

 

続けることができない理由

 

あなたはどんな理由があるでしょうか。

物事が続けられないことの理由です。

たとえば以下のようなものでしょうか。

 

  • 途中で不安になってしまう
  • 自分を信じることができない
  • 上手い人を見るとやる気がなくなった
  • 他のことに気を紛らわされてしまう
  • それが重要だとどうしても思えない
  • 体が怠くなって動けなくなる

 

他にもまだまだあるかもしれませんね。

そもそも続けることができない理由って、

もっと本質的な部分で言えばシンプルなんです。

 

それは潜在意識の現状維持メカニズムが働くから。

 

たったこれだけのことです。

現状維持メカニズムとは心臓や体温など、

人の体を今の状態でキープする機能のことです。

こうした体の機能が一定に保たれていることで、

僕達は思考も体も健康状態を保っていられるのです。

 

しかし、それは精神面においても同じなのです。

人の性格も基本的には一定の状態に保たれています。

明るい性格の人は基本的にいつも明るいですし、

暗い性格の人は基本的にいつも暗いです。

 

物事が続けることができない・・・

続けることができれば自分は変われるのに・・・

 

このように頭では分かっててもできないのは、

このまま続けてしまうと変わってしまうからです。

なので潜在意識はストップさせてしまうんですね。

なぜなら、今までをキープできなくなるからです。

 

生命を維持するにはなるべく今を保ちたいのです。

 

それが最も生命を維持できると潜在意識は知っています。

けど頭では変わった方が人生はよりよく生きることができる。

頭では分かってても体が言うことを聞かないとうのは、

こうした人間の機能が影響しているからだったんです。

 

続けられるようになる解決策

 

続けることができない理由が分かったら、

今度はどのようにそれを解決したらいいのか?

そのためには潜在意識を説得しなければいけません。

言い換えると二人三脚で一緒に歩くイメージです。

それは以下の3つに分かれます。

 

  1. まず自分の感じる感情に意識を向ける
  2. 次にワクワクするような自分の気持ちに意識を向ける
  3. そして”今”の自分にできる小さな行動を決めてやる

 

1番目の感情に意識を向けるですが、

継続できないのは必ず何らかの感情的な反応があります。

たとえばやろうと思っても、

 

「面倒臭いなぁ・・・」

 

こんな感じで感情的な反応が最初にあります。

そしてやらなくていい理由を探してしまいます。

適当な理由が見つかったらそれのせいにしてしまい、

最終的には実際に行動しないということになってしまいます。

やがてそれが繰り返されると悪い習慣化ができてしまうのです。

一度の失態が後々にまで影響する負のスパイラルに陥ります。

 

それをストップさせるには、

その面倒臭いと感じる感情をじっと感じてみるとことです。

何も考えなくていいので、ただ味わってみるだけです。

なぜこんな一見意味不明なことをするかと言うと、

自分の感情を感じるというアクションは、

 

その行動自体が自分を受け入れる作業だからです。

 

僕達は認められたいという欲求があります。

誰も認めてくれないようなことって続かないのです。

ダイエットにしたって痩せてスリムになって可愛くなれば、

異性にモテるし、同性からも見られ方が変わります。

スポーツだって上達すれば周囲の人から認められますし、

勉強にしたってできる人間だと思われると気持ちがいいです。

 

こうした欲求がいけないんだと言ってる訳ではありません。

なので面倒とか続けることができない感情が出てきたと感じたら、

その瞬間から自分の感情を感じてみることが大切です。

 

そして次はワクワクするような気持ちに意識を向けるですが、

やはり人は未来に希望が持てなければ続けることができません。

仕事だって苦痛に感じながら働き続ける人が多いですが、

それは生活のためとか何らかの理由があるからで、

そんな足枷がなければさっさと辞めているはずです。

辞められない本質的な理由はもっと違うところにありますが・・・

 

そのために本当はどうなりたいかをしっかりと思い出すこと

 

ここは物事を継続するためにはとても大切です。

しっかりと自分と向き合うことが大切なのです。

 

そして最後は”今”の自分にできる小さな行動ですが、

僕達は今の自分にできることしかできないので、

 

毎日できることに行動を小さくすること

 

これが継続するためには重要なのです。

よくばってたくさんのことをしようとしても、

文字通り、三日坊主になってしまうのも当然です。

やはり続けるには続けられるだけ小さくまとめる必要があります。

 

そうしていくうちに行動自体に慣れてきて、

そこから少しずつぐ変化を加えていくことで大きくなり、

やがて他人からはバイタリティー溢れてる人のように思われて、

本人にしてみれば些細なことしかやっていないギャップができます。

成功者がバリバリやってそうなのはそんな理由なのです。

 

最初は誰だって挫けそうになる

 

僕も何だかんだで挫けそうになることはあります。

それは今でもそうした気持ちにはなります。

けどここでお伝えしているように、

 

  1. まずは自分の感情を味わってみる
  2. 次にワクワクするようなことに意識を向ける
  3. 最後に今の自分にできる小さな行動をする

 

たったこの3ステップで解決できるんですね。

というより、最初の1番目を徹底的にやっていれば、

2番目なんて自然と沸き起こってくるものなのです。

なぜなら、人には現状維持メカニズムが存在するからです。

 

つまりは自分という人間を上手く使っていくことです。

 

それには人間というものが一体何なのか?

それを知っていくことが大切だと思います。

今回の内容はいかがだったでしょうか。

決して難しくはない内容だと思います。