お金があれば幸せになれる

 

お金があれば幸せになれる・・・

僕は20代の頃はお金に縁がなかったので、

そんなことを漠然と思って生きてきました。

 

「幸せはお金なんかじゃ買えない!」

 

と、言ってる人が世の中にはいますが、

そう言ってる人が本当に幸せに生きているのか?

はっきり言って僕は見たことがありません。

 

そういう人に限って、

幸せはお金では買えないと言い訳をして、

誤魔化して生きてるようにしか見えないのです。

確かに幸せはお金で買えない部分もあります。

 

けど大概はお金があれば幸せになれるんですね。

 

なぜなら、人の悩みのほとんどは、

お金で解決できることばかりだからです。

 

例えば欲しい服や住みたい家もそうだし、

仕事だってお金があれば我慢して働く必要もなく、

サッと転職してラクになることだってできます。

それにお金があれば医療費の心配もいりません。

 

今回はお金と幸せというテーマで、

お金を引き寄せられる人の思考をお伝えします。

それによってお金に苦しい本質的な理由が分かり、

お金が遠ざかる思考を変えることができます。

 

お金があれば幸せになれるという思考では不幸になる!?

 

冒頭でもお話ししましたが、

 

お金があれば幸せになれる・・・

 

と、僕は20代はずっと思ってました。

結論から言うとこれでは絶対に幸せになれません。

なぜなら今の自分はお金を持ってないし稼ぐ能力もない、

だから幸せなんて手に入ることもないと言ってるからです。

 

お金があれば幸せになれるというのは、

今は持っていないという暗示を掛けることになり、

持っていない自分が標準になってしまうわけです。

 

それに、これは他力本願の考え方になってるのです。

お金があれば幸せになれるのに・・・という考え方には、

”お金さえあれば”という依存心があるわけなんですね。

 

なのでこの依存心を捨てなければいけません。

ということは”お金がさえあれば”という考え方を、

以下のように考え直す必要があるのです。

 

  • お金を稼ぐにはどうすればいいのだろうか?
  • お金があれば問題は解決できるが、稼ぐ方法は何だろうか?

 

このように他力本願から自力作善の考え方に切り替え、

自らの力で変えていくという意識が重要なのです。

 

こんなことを言ってしまうと、

少し厳しいように感じてしまうかもしれません。

 

けど実際に自分で自分の人生を創っていくことって、

実は想像以上に楽しくてワクワクするものなんですね。

 

だって普通にサラリーマンとして働いていて、

会社では言われたことだけやって退屈な日々を送るのって、

不満ばかりが積もる一方で将来も不安じゃありませんか?

そういう時って生きてる意味すら見失います。

 

やはり人は目的に向かって走り続ける方が、

何よりも心地が良くて日々躍動できるわけです。

将来に向けて何かをすることで安心感も得られます。

人って足踏みする人生は本当は望んでないんですね。

 

また心理学の世界では、

人生の質は、質問の質で決まると言われています。

自分に何を問い掛けるかが重要なんです。

 

「自分はなんでこんなにダメなんだろう?」

 

と、自分に問い掛けると、

脳はどんどんダメな答えを探し求めます。

けど一方では、

 

「自分の素晴らしいところはどこだろう?」

 

と、自分に問い掛けると、

脳どんどん素晴らしい答えを探し求めます。

この違いなんですね。

 

なので他力本願から自作作善の考え方に変え、

自らの意識で変えていく意識が大切なのです。

 

 

質問の質が変わると具体的な方法が見つかる

 

僕は30代になって、

お金が空から降ってこないかみたいな思考を捨て、

自分の力で作り出していく考え方を意識しました。

 

しかし、この時点では何をすればいいか分からず、

30代中盤まで悶々として日々を送ってました。

けど僕は年齢を重ねるにつれて、

 

  • 今のままでいたら本当にダメだ
  • 人生を根本的に変えるくらいの方法はないか

 

という風に考えるようになっていったのです。

もともと派遣社員という非正規雇用だったので、

将来に不安しかなくて気持ちも追い込まれてました。

 

お金があれば幸せになれることは事実です。

けどそれには他力本願を捨てなければいけません。

その為には自分への質問をより具体的にして、

理想を現実にしていく必要があるわけです。

例えば以下のような自分の問い掛けです。

 

  • 雇われて生きることを捨てるにはどうすればいいか?
  • 自分の力で稼ぐにはどうすればいいのか?
  • 自分でビジネスをするとはどういうことなのか?
  • まず最初は何から始めればいいのか?
  • 稼ぐ為には具体的にどんな方法があるのか?
  • お金を受け取るにはどんな考え方をすればいいのか?
  • 従業員を雇わず1人で稼ぐ方法は何か?
  • 自分を成長させながら少しずつでも稼ぐには?
  • 初期費用がほとんど掛からない方法は何か?
  • 積み重ねることで自動化していくビジネスとは?
  • 在庫を持たず、経費の掛からないビジネスとは?
  • 最初は自社商品すら作らずに稼ぐ方法とは?

 

このように考えていけば、

何をすればいいかは自然と見えてきます。

 

脳って自分に問い掛けることで、

今まで見えてなかったことが見えるようにしてくれます。

 

好きな人の名前は一回聞いただけで覚えますよね?

けどどうでもいい人の名前なんて覚えません。

どころか顔すらあっという間に忘れてしまいます。

 

 

多くの人は変わらないという決断をしている

 

人間と言うのは、

変わりたくないというのが本質です。

 

できれば転職なんてするよりは、

嫌いな上司や同僚がいなくなった方がいいですよね?

 

こうした心理は全てのことに当てはまります。

例えば今のままだと仕事は不満で生活はギリギリだが、

なんとかやっていけるから何となく惰性で生きる・・・

それよりも宝くじやパチンコで儲かればいいな・・・

みたいな感じです。

 

確かに僕達は変わりたいという思いがあります。

けど変わることができないのは意思の弱さじゃなく、

学校教育や周囲の人間たちの影響を受けてきたからです。

 

働くことが当たり前のように思われてますが、

別に自分が労働しなくても収入は得られるのです。

 

いつの間にか植え付けられた価値観や思想に、

あなたが気付いて自分は本当はどうしたいのか?

自分の本音と素直に向き合っていかなければいけません。

 

今のまま生きることがリスクなのか?

思い切って失敗を覚悟で踏み出すことがリスクなのか?

 

ただ1つだけ確かなこととしては、

僕達には自由に人生を決める権利があるということです。

全てにおいてお金があれば幸せになれるとは限りませんが、

お金があることで大概のことは解決できるのも事実です。