あのブロガーで有名なはあちゅうさんが、

2009年から入社した電通で、

パワハラやセクハラを受けていたそうです。

 

はあちゅうが著名クリエイターのセクハラとパワハラを証言 岸氏「謝罪します」

以下、はあちゅうさんや電通社員らの証言、そして岸氏の回答を載せる。

「体も使えないのか?」

はあちゅうさんは2009年に慶應大学を卒業。同年、電通に入社した。中部支社に配属されたはあちゅうさんは、東京本社への異動を希望していた。

岸氏は当時、すでに本を出版し、業界で著名なクリエイター。新入社員だったはあちゅうさんにとっては、憧れる存在だった。「気にいってもらえたら、早く希望の場所にいけるかもしれないという思いがありました」

岸氏に異動に関する相談にも乗ってもらっていたはあちゅうさんが、これはハラスメントだと感じるようになったのは、中部支社から東京本社に配属が決まった2010年3月頃からだという。

「本社に異動した頃、岸さんから『今すぐ飲みの場所に来い。手ぶらで来るな。可愛い女も一緒に連れてこい。お前みたいな利用価値のない人間には人の紹介くらいしかやれることはない』などと言われるようになりました」

「深夜に『俺の家にこれから来い』とも言われました。当時、私は田町に住んでおり、彼の自宅は浜松町だったので、歩ける距離にありました。突然電話がかかってきて、どこで何をしていようと、寝ていても『今から来られないのか』と言われました。『寝ていました』と言うと、行かないでも許してくれることもありましたが、翌日、『お前はこの会社

には向いていない。CDC(岸氏が所属していた部署)にきたら深夜対応も当たり前だぞ』と言われました」

呼び出される時間はまちまちだったという。夜10時のときもあれば、深夜1時のときも。

岸氏が眠る朝方まで帰ることも許されず、月に1〜2回の頻度で自宅に誘われた。深夜だけに友人を連れて行くわけにもいかず、家に行くときは毎回1人だったという。

「自宅にいくと、黙って正座をさせられて、彼が作業をしているのを延々と横で見させられるか、彼の仕事の功績を聞いて、それを褒め続けたり、岸氏の嫌っている人を一緒にけなすなどさせられたりしました。そして、当時、岸氏は私の友人と付き合っていたのですが、『こうやってこの時間にお前が俺の家にいることを言ったらどう思うかな。お前が誘ってきたことにもできるからな』などと言われました」

「『俺に気に入られる絶好のチャンスなのに体も使えないわけ? その程度の覚悟でうちの会社入ったの? お前にそれだけの特技あるの? お前の特技が何か言ってみろ』と性的な関係を要求されました。『お前みたいな顔も体もタイプじゃない。胸がない、色気がない。俺のつきあってきた女に比べると、お前の顔面は著しく劣っているが、俺に気に入れられているだけで幸運だと思え』と」

「また当時の彼女とのセックスについて『あいつは下手だからもっとうまい女を紹介しろ。底辺の人間の知り合いは底辺だな。お前もセックス下手なんだろ。彼氏がかわいそうだ』などと言われました」

はあちゅうさん本人だけでなく、「平凡な家庭だからー。程度の低い人間と付き合うからー」などと家族や友人、パートナーの人格を否定する発言もあったという。

岸氏からのハラスメントから逃れたいと思ったはあちゅうさんは、岸氏の要求通り数名の友人を紹介した。「お前どうしてあんなしょうもない女紹介するんだよ。自分が何のために俺と知り合ったかなんもわかってないじゃないか。俺の偉大さちゃんと説明したの?」などと言われたこともあったという。

はあちゅうさんは当時、紹介した友人たちに対し、「今は心から申し訳ないと思っています」と話す。

岸氏からはソーシャルハラスメントもあったと証言する。

「私のブログやTwitterは『考えの浅い人間のアウトプットだ』と言われ続けました。特にTwitterは、岸氏のツイートをいち早くリツイートしないと『お前なんでまだリツイートしてないの?』と言われたり、ほかのクリエイターの記事をツイートすると『お前なんであんな記事をツイートしているの』と言われたりしました」

「広告業界では生きていけなくなるぞ」

はあちゅうさんは限界に達し、岸氏との連絡を断つことにした。そう伝えると、岸氏からは「広告業界では生きていけなくなるぞ」などと脅されたという。

2011年11月、はあちゅうさんは2年6カ月務めた電通を退職。PR会社に転職した。

しかし、岸氏の嫌がらせは退職後も続いたという。

https://www.buzzfeed.com/jp/takumiharimaya/hachu-metoo?utm_term=.qf6z8RrNo#.ojA2G3del

 

はあちゅうさんはその後退職しても嫌がらせを受けてました。

パワハラ・セクハラの張本人である岸氏は、

 

「俺は愛で言っている」

 

という思いがあったそうです。

電通と言えば、ブラック企業大賞2016にて、

堂々たる大賞を獲得した大手の企業です。

 

ブラック企業大賞: ブラック企業大賞2016 受賞企業決定いたしました

http://blackcorpaward.blogspot.jp/2016/12/2016_23.html

 

人はそこに居てもダメだと分かってるのに、

このまま働き続けても未来はないと分かっていても、

我慢してずっと働き続けてしまうことがあります。

当時セクハラやパワハラに悩んでたはあちゅうさんも、

以下のようなことを語っています。

 

「私の場合、自分が受けていた被害を我慢し、1人で克服しようとすることで、セクハラやパワハラ被害のニュースを見ても『あれくらいで告発していいんだ…私はもっと我慢したのに…私のほうがひどいことをされていたのに…』と、本来手をとってそういうものに立ち向かっていかなければならない被害者仲間を疎ましく思ってしまうほどに心が歪んでしまっていました」

 

当時の僕もパワハラに苦しみ続けながら働いてました。

こんな時って何故か我慢とか自分で解決したいとか、

なるべく問題が大きくならないようにしたくなります。

そして1人で抱え込んでずっと苦しみもがき続けます。

 

結局はお金が解決してくれることは多い

 

その仕事が好きで、この職場を通して夢を叶えたい。

そんな特別な思いがあるのなら問題解決が必要です。

それを阻むパワハラやセクハラと真っ向から向き合い、

そして自分の夢を実現に前進する姿勢が大切です。

 

けど今の仕事は精神的に辛いだけで何もない・・・

 

当時の僕がまさにそのような状態でしたが、

この場合は、お金の問題さえクリアできれば、

今まで悩んでたことがバカらしく思えるくらい、

 

あっさりと会社を辞めてしまうことができます。

 

僕は2014年1月にアフィリエイトを始め、

副業として3ヶ月で月収2万程度だったのですが、

たった3ヶ月で会社を逃げる決断をしました。

その後はまだ精神的に楽な部署へ異動できました。

 

それまでは3年間ずっと耐え続けてました。

1人暮らしで生活ができなくなる不安があったからです。

お金が足枷となって自由になりたくてもなれなかったのです。

特にその場所で夢を叶えたいという理由がない限りは、

 

大抵のことはお金で解決できることが多いです。

 

今の仕事を辞めても次の転職先へ焦って決める必要もないし、

次の仕事が見つかってからという切羽詰まった行動も必要ないし、

会社の収入がなくてもいきなり生活が苦しくなる心配もないし、

何より作業し続ければ、そこからの収入は大きくなります。

僕の経験上、ネットビジネス以外の選択肢はないくらいに思います。