節約,貯金,やりくり

 

お金の悩みって切実な問題ですね。

何とかやりくりして残したいものですね。

けどなぜか毎月思ったように貯金ができないし、

節約しようにも上手く抑えることができない・・・

そんな悩みをずっと抱えていませんか?

 

それって根本的な原因を見誤ってるかもしれません。

 

というのもお金の問題は、

貯金や節約では解決できないことが多いからです。

上手くいく人はそれが好きだから上手くいくんです。

けど好きでもないの頑張ろうと努力することは、

好きでもない仕事を我慢してるのと同じで、

 

無味乾燥の行動なんて続くはずがありません。

 

そこで稼ぐ力をつける方が解決が早いんですね。

ではなぜ稼ぐ力があれば解決できるのかを

今回は僕自身のサラリーマン時代の事例から、

お伝えしますのでぜひ貯金や節約だけでなく、

仕事に関しても当てはめてもらえたらと思います。

 

お金とストレスは密接な関係にある

 

僕の以前に勤めていた会社は、

電子部品関係の製造業の会社でした。

そこでは最初は派遣社員として入り、

その後に契約社員へとなりました。

 

入社して1年くらい経った時に、

別の部署へ異動することになりました。

僕はそこで班長からパワハラを受けるようになりました。

更に世間話程度の話し相手すらいない孤立した状態でした。

 

また派遣社員は僕だけだったので、

他の社員は三六協定通りに年間360時間以下の残業で、

僕は毎月100時間の年間1200時間やらされてました。

 

けどお金が欲しかったので、

そんな不条理な扱いに黙って従ってました。

嫌な業務を頼まれても派遣なのでいつ首を切られるか・・・

そんな危機感もあったのでどんなこともOKしてました。

思い返せば典型的なYESマンになってましたね。

 

本当は嫌だけどお金のために我慢しないといけない・・・

複雑な気持ちの中、反論できずにいました。

 

それに作業内容はマシンオペレーターで、

複雑な機械を扱ってたのでイライラしっ放しでした。

僕は製造業ってラインの単調作業をイメージしてたので、

職人のような技術を要求される部署に配属されてしまい、

それが嫌で嫌で仕方がありませんでした。

 

だいぶ残業もしてるので、

結構お金が貯まるかと言えばそうではなくて、

不思議と貯金は貯まらずに給料日前は金欠状態でした。

 

その原因は仕事で溜まったストレスを

毎日仕事帰りに甘い物を食べて解消してたのです。

チリも積もれば山となるということわざ通りで、

ストレスからお金を使って貯金ができませんでした。

 

このようにストレスとお金とは、

実は見えないところで密接な関係があります。

なぜならお金を使う解消法が手っ取り早いからです。

 

原因を見誤ると頑張っても報われなくなる

 

ストレスは溜まれば溜まったままです。

どこかでパッと吐き出さなければいけません。

人の心ってそのようにできているんですね。

 

ストレスが溜まると気持ちが重たくなるし、

全てのことをネガティブに捉えるようになります。

頑張ってポジティブになろうと意識しても、

自然とネガティブなことを考えてしまうんですね。

 

貯金や節約をしようと頑張ってもできない人は、

何かストレスを溜めてしまう要因が他にないか、

あるいは貯金や節約そのものがストレスになっているか、

 

どっちにしてもストレスが原因になってるんですね。

 

これって冒頭でもお伝えしましたが、

好きでもない仕事を我慢してやり続けて、

ストレス過多となって鬱病になって入院するとか、

僕のように耐えきれずに逃げてしまうかになるんです。

 

そもそも原因を見誤ることで、

間違った対処法を施すことで空回りしてしまい、

その努力は掛けた労力の割には報われなくなります。

疲弊するばかりでジリ貧で追い込まれてしまうのです。

 

問題を根本的に取り除くこと

 

節約や貯金をいくら頑張っても、

根本的な問題を取り除かないことには、

何をやっても上手くいかないケースが多いです。

貯金や節約をすることでストレス解消できるなら、

それで生活を良い循環にできるかもしれませんが、

そうでないなら全てがストレスになります。

 

そして自分で自覚できていないケースも多いです。

 

貯金や節約をすることに関心がないなら、

その行動がストレスでお金を浪費することになります。

それによって結局は貯金どころか散在することになり、

そこで何とか節約しても続かないケースが大半です。

 

となると稼ぐ力をつける方が早いわけです。

 

根本的な原因を取り除くことができるからです。

稼ぐ力をつければ不必要に浪費しなくなるので、

お金も貯まって更に稼ぐことでどんどん増えていきます。

 

なぜならお金があれば大概の問題は解決できるからです。

貯金や節約なんてまさにそうで稼ぐ力があれば、

そんなことを無理にやる必要もないわけです。

 

それに稼ぐ力をつけて会社以外の収入源があれば、

好きでもない仕事を我慢する必要もなくなります。

 

僕のネットビジネスをやってる知り合いも、

最初は会社員の傍らで副業としてやってました。

嫌いな仕事だったので会社の給料を越えたところで、

脱サラしてストレスを根本的に解決することができました。

 

別に脱サラしなくても、

月3万とか5万とか稼ぐことができれば、

余裕をもって転職活動をすることだってできます。

全くの無収入状態で転職活動をするのと比べると、

かなり精神的な負担は軽くなるはずです。

 

貯金や節約のやりくりはお金が増えるわけではないので、

それ自体に楽しさを感じるというのは少ないのです。

確かにどんなことでも最初は壁を感じることはありますが、

稼ぐ力をつけることは自分の壁を乗り越えて行くと、

 

貯金や節約よりも遥かに大きな感動や喜びがあります。

 

貯金や節約は稼ぐ力をつけるよりも簡単かもしれません。

けどそこには感動や喜びが薄いので続きません。

反対に稼ぐ力は継続できない人がいるのも事実です。

けどどちらが未来に希望が持てるのかを考えれば、

それこそどちらを選択すべきかは明白ではないでしょうか。