こんな記事を見つけました。

ブラック企業に国がお墨つき?「働き方改革」に隠れたブラック法案 – ライブドアニュース

http://news.livedoor.com/article/detail/13629673/

この記事では専門職等の高収入の人を対象に書かれた記事ですが、

その中でも無視できないと思える内容が気になりました。

 

政府がまとめた『働き方改革の実行計画』には、「柔軟な働き方」「多様な働き方」などのキャッチコピーが躍り、「時間に縛られない自由な働き方」の早期実現が掲げられている。

中略

「高収入でも高専門でも、組織や上司から命令されれば、言いなりになって働かざるをえない仕事はたくさんある。いちばんわかりやすいのが医師。高収入の高度な専門職ですが、過労死しています」

 

これって高収入な専門職でなくても同じことが言えます。

求人票に載っている良い条件や求人広告の体のいい謳い文句、

あるいは他人からの根も葉もないあそこの会社は良いなどの噂、

それに手に職つけるために資格を頑張って取ることもそうです。

 

それでも何の為に働いてるのか分からなくなる人が後を絶ちません。

 

結局は根本的な問題から目を逸らされているんです。

そもそも学校教育というのが文句を言わない従業員を教育する機関です。

なぜなら皆が同じ教科を同じ時間分だけ同じ量だけ学ばされます。

そして1時限目、2時限目と時間に規則的に活動することになります。

 

実は学校教育の本質なんて学校で勉強することそのものより、

先生などの目上の人の接し方や規則正しく時間を守ることなど、

生活の在り方を幼い頃より体に覚え込ませることが目的です。

その結果、日本人はほぼ文句を言わずに我慢して労働してます。

 

心の中では不満がありながらも皆同じだからと我慢したり、

大人が独立や夢を追い掛けることは馬鹿らしい風潮があったり、

それに時間を守ることや朝昼晩の3食や夜眠ることに至るまで、

 

それが当たり前のことだと誰もが疑うことがありません。

 

その根底にあるのは昔から当たり前のようにやってきたから。

親もその親の世代も当たり前のことのようにやってきたからです。

まさに国全体を通して、そして時代を通り越しての洗脳です。

ではそれをハッキリと分かる自分への質問があります。

 

あなたは全てを主体的に決めて行動していますか?

 

いかがでしょう、

大概は当たり前と思って行動していないでしょうか。

誰が決めたか分からないルールを当たり前のように従ってるのです。

これってあまりのも広過ぎるので誰もが気付かないのです。

 

たとえば地球は本来は丸い形をしていますね。

けど自分の肉眼で見る限りではあまりにも広過ぎて丸いなんて分かりません。

それと同じ現象が僕達の生き方にもいつの間にか染み付いてるのです。

この当たり前とは言い換えると世間一般の常識です。

 

親や教師の言われるがまま大学を卒業し、

一流企業に就職したはいいけど心に穴が空いたような日々・・・

これってよく敷かれたレールを歩くことの典型的なパターンです。

だけどもっと身近に言えば自分にできる仕事はこれだと思って入社したけど、

いざ働いてみて数年が経過すると退屈で味気ない日々を送っている・・・

それに人生こんなものと自分を無理に説得させて我慢して生きる・・・

会社で働くことが向いてないと何となく思いながら・・・

 

人生こんなものっていうのは絶対にあり得ません。

 

そう思ってしまうのは他に選択肢があることを知らないからです。

知っているか知らないかだけの差で人生は大きく変わります。

自分が会社で働くことが向いてないんじゃないかと思うのなら、

本当は労働以外の選択肢はいくらだってあるのが真実です。

それに労働しなければいけないなんてこともありません。

 

お金は汗水垂らして稼ぐものなんて今でも信じられています。

それはそれ以外のお金の稼ぎ方を知らないから言っているだけなのです。

けどそんな世間一般の常識に従って生きても幸せにはなれません。

 

自由や幸せに生きるには世間一般の常識から外れる勇気がいる。

 

勇気がいるなんて言っても本当はそれが人間本来の生き方のはずです。

どうして苦痛に我慢して訳のわからない会社の歯車になる必要があるのでしょう。

そっちの生き方の方が人として狂っているとあなたもどこか感じてませんか?

その自分の心の中に抱く疑問や疑念の思いは真実へと繋がってるのです。

後はあなた自身が本気で手繰り寄せたいと思うかどうかではないでしょうか。

 

 

PS.

気分転換にドライブにふらっと出掛けた時に、

何となく気になったのでカップのチーズケーキを買いました。

 

値段を全く見ることなく買い物籠に入れたのですが後でレシート見ると、

白い方は550円で赤い方は480円でした。

味は本場のチーズでとてもそのままでは美味しいとは言えませんが、

如何に市販の大量生産されている食べ物が人の口に合うよう加工されているか凄く分かった感じがしました。

ただ、その分添加物たっぷりで健康には実はよくなかったりするんですよね。

高くても健康に良くて味わい深いものを食べていきたいと思いました。

とは言っても赤い方のチーズケーキは苺のほんのり甘さが美味しかったです。