良い大学を出て、良い会社就職をすれば、

傍から見れば順風満帆で幸せそうに見えます。

けど実際のところはそうでもないことが意外と多い。

結局、幸せな人生とは一体な何なのだろう?

 

僕達は自分の生まれた意味や、

自分の人生の生きる意味など、

生きることへの疑問を少なからず持っています。

けど、見ないフリをしている人もいるでしょう。

 

それが決して悪いと言ってる訳ではありません。

人によって自分を見つめる時期が違うからです。

少なくともこの記事に辿り着いたということは、

あなたは幸せな人生を考えるタイミングだと思います。

 

人生の目的とは

 

僕は2014年1月からアフィリエイトを開始して、

副業から1年3ヶ月で独立して今に至ります。

サラリーマン時代は仕事がホントに嫌でした。

仕事の内容も、仕事で関わる人間関係も全てです。

 

こんな生き方では幸せな人生なんて、

手に入れることができないことは頭では分かってました。

これはあくまでも僕の当時の考えてたことなんで、

決してサラリーマンがいけないと言ってる訳ではありません。

 

けど当時の僕は雇われる人生では無能レベルでした。

なのでどこかで自分の生き方を変える必要がありました。

実は人生には以下の4つのステージがあります。

 

  1. 無能レベル
  2. 普通レベル
  3. 優秀レベル
  4. 天才レベル

 

無能レベルとは何をやってもダメなステージです。

あなたの会社にも落ちこぼれな人がいませんか?

何をやっても仕事ができなくて叱られてばかりで、

自分でも自分のことが分からなくて混乱していて、

どうにもならないといった人のことです。

 

これは、ただ無能レベルのステージに居るだけで、

職種が変われば全く別人になったりもしるんです。

例えば計算が得意な人は経理の仕事では優秀でも、

デザイナーの仕事では全くの無能だったりします。

それは自分の得意が発揮できないからです。

 

普通レベルは可もなく不可もなく、

言われたことをきっちりとこなすステージです。

世の中のほとんどの人がこのステージで生きてます。

それなりに仕事をこなして、周囲とも和を保てるので、

まるでぬるま湯に浸かったような状態になります。

 

可もなく不可もないのでそのまま生きてくことはできますが、

晩年を迎える頃には後悔する人も意外と少なくありません。

無難に生きずにもっとチャレンジしておけば良かったと、

後になって後悔するケースは少なからずあるようです。

 

優秀レベルは他の人より能力が長けています。

まさしく一を見て十を知るという言葉が当てはまるように、

他の人には分からないことや気付けないことなど、

細部まで見えて普通の人より効率的に仕事がこなせます。

 

だけど忙しくしているばかりで疲れていたり、

もっと自由になりたいとか好きな人と過ごしたいとか、

優秀なんだけと幸せな人生とは縁遠い生き方をします。

全ての優秀レベルの人がそんな生き方と言ってるのではありません。

傾向としてはそのような生き方になる人も多いということです。

 

天才レベルはやってることそのものが幸せで、

自分がお金を払ってでもやりたいことをやってます。

普通の人が努力してやることも努力と一切感じることなく、

それでいて普通の人より遥かに結果を出してしまいます。

まるでテレビゲームのような感覚で楽しんでます。

 

天才レベルで生きれる人は幸せな人生です。

心からやりたいことをやって人生を楽しんでるからです。

ビジネスをしてても不安を感じることはほとんどありません。

たとえ不安に感じたとしてもその不安から気付きを得て、

今後の自分の人生に生かすことでより幸せになっていきます。

 

あなたの天才性はどこにある?

 

このように人生はステージごとに分かれてます。

僕の場合はサラリーマンとして生きていたら、

ずっと無能レベルで苦しい人生を送っていました。

けど独立して生き方を変えて少なくとも、

優秀レベルの上か天才レベルの下くらいにいます。

 

つまりそれぞれのステージにも、

ストライクゾーンのど真ん中もあれば、

ストライクゾーンの瀬戸際もあるのです。

今の僕はストライクゾーンの瀬戸際あたりでしょうか。

 

では自分のストライクゾーンはどこにあるのでしょう。

あなたの天才性が発揮できる場所は見つけるには、

あることに意識を向ける必要があります。

 

それは自分の感情に幸せな人生のカギが眠ってるのです。

 

このブログでは感情が人生のカギを握るとお伝えしてますが、

それは才能とは感情が揺れ動く場所に存在するからです。

たとえば映画を観て何故か分からないシーンで涙がでるとか、

他の人は何とも思ってないところで感情が高ぶってしまうとか、

ポジティブもネガティブも含めて感情が揺れ動く場所とは、

 

そこに才能が眠っていることを感情が教えてくれているのです。

 

僕の場合はいつも自分の気持ちを包み隠してました。

人と接する時にどうせ自分のことなんて誰も興味持たない・・・

なんて思っていたので適当に合わせようと会話の時は、

一生懸命に頭で考えながら会話をしてました。

 

けどそれだと凄くしんどくて疲れてしまうんですね。

気付かないうちに他人と接することが怖くなってしまい、

やがて首が硬直したり、緊張が止められなくなってしまいました。

普通なら会話をし始めると緊張がなくなっていくものですが、

僕の場合は話せば話すほど余計に苦しくなってしまうんです。

 

どうにも自分をコントロールできなくて、

どうしたら解決できるかも分からなくて何年も悩んでました。

けどその問題は自分を守るために頭で考えて話してたことでした。

なのであえて何も考えずにその時に感じたことを話すようにしたら、

意外と緊張してても何とか言葉に出して話せることが分かりました。

 

他には人が怖いという前提で接していることが分かり、

会話する前に楽しいものだと前提を変える意識をしています。

これは今現在では習得段階ですがとても大切だと感じてます。

たとえば今まで気になる異性とは話すこともできなかったのですが、

好きな子と一緒に居ると居心地が良いし素直になれることに気付き、

気になる異性とは一緒に居たくなるという前提を意識すると、

自分の好きな子とは会話できるようになってきたのです。

 

つまりは自分がどんな前提で関わっているのか?

 

この自分の初期設定が大事なんだと気付いたのです。

天才レベルとはこのような深いレベルで気付くことができます。

そしてこの気付きをアウトプットして多くの人と分かち合うことで、

周囲の人が価値ある情報だと感じてくれてビジネスにもなります。

僕の場合はブログやYouTubeやメルマガなどで情報発信することで、

自分の才能を使って生活することができるようになりました。

これが幸せな人生のカタチなんだなって思いました。

 

人間には必ず才能があります。

そうした場所では天才性を発揮することができます。

そのヒントは自分の感情にあると言われているのです。

あなたの天才性を発揮できる場所はあなたの感情が教えてくれます。

ポジティブもネガティブも含めて多感に感じる場所がそうです。

 

アフィリエイトも天才性が分かれば簡単

 

アフィリエイトとは文章を書くことが基本です。

その文章を書くことも好きでもないことをやれば、

やってることそのものが苦しくて結果的に続きません。

 

なので自分の才能が何なのかを知ることなんですね。

 

そして自分の才能を発揮できている人の近くにいれば、

あなた自身の自分の才能が何かを見つけやすくなります。

よく成功したければ成功者と関わることが大切と言われるように、

それは成功者には成功者の雰囲気を感じることができるので、

 

成功者と同じ周波数に合うようになるからなんですね。

 

そうなると見るもの聞くもの感じるものが変わっていき、

今まで不幸なことばかり考えたり見えてたりしてたのが、

不思議と少しずつ違う見え方でできるようになっていきます。

あなたが幸せな人生を送りたいと本気で思っているのなら、

その分野で成功している人を見つけて触れ続けることなのです。

 

これは決して直接会うことばかりではありません。

今は便利な世の中でフェイスブックやツイッターやブログなど、

成功している人が情報発信をしているので、

そうしたところから触れ続けることもできるようになりました。

まずは今の自分にできることから行動することが大切です。

 

 

PS.

ただ感じたことを書いていたら3000文字を超えてました。

僕にとって人間心理って小学校や中学校の頃から、

ボーっとしてる時とかついつい考えて過ごしていたんですね。

こうした自分のコアな部分って必ず誰の中にもあるんです。

僕はコーチングでは他人の才能を見つけるのが得意だったりします。

 

PPS.

最近よく行くカフェに行ってきました。

仕事の合間に1人で息抜きに行ってます。