転職をするなら35歳まで・・・

35歳を過ぎれば転職が難しくなる・・・

そんな不安から仕事を辞められない人も多いですし、

思い切って転職することができない人も多いと思います。

 

20代も後半になってくると、

段々と辞めることへの不安は強くなり、

30代になるとその怖れは増していきます。

 

僕も周りの人からずっと聞かされてきて、

20代の頃は仕事を辞めることに抵抗がなくても、

30歳を過ぎてからは辞めることが怖くなりました。

 

そんな中で20代後半から製造業の会社に、

最初は派遣社員として働きはじめました。

30代前半くらいに差し掛かってパワハラを受け、

周囲に話せる人が一人もいない孤立化した状態だったので、

転職サイトに登録して何度も面接を受けました。

けど強い不安感から辞められなかったのです。

 

  • もし、同じように苦しむことになったら?
  • もし、仕事についていけなかったら?
  • もし、人間関係に馴染めなかったら?
  • もし、すぐ辞めて生活が苦しくなったら?
  • もし、仕事を覚えることができなかったら?
  • もし、今よりもっと収入が減ってしまったら?
  • もし、会社がすぐに倒産してしまったら?

 

もし、もし、もし・・・

 

この「もし」というのが常に頭をぐるぐる回り、

もしものことを考えて強い不安感に襲われてました。

それにどんなに苦しくてもどんなに辛くても、

何だかんだで今の仕事をやってこれてたので、

自分にはまだ余裕があると思い込んでいました。

けど確実にジリ貧で追い込まれていったのです。

 

35歳を過ぎてから転職が難しいと言われますが、

そもそも転職することだけが方法なのか?

僕は不安と葛藤の中で思うようになっていきました。

 

実際は35歳という年齢なんて関係はないですが、

世間にこうしたイメージが定着しているところがあり、

年齢を理由で採用を弾いてしまう会社もあるでしょう。

やはりある程度の年齢になればプライドがあるので、

扱い辛いなどの理由で採用されなかったりもします。

 

それよりも第二新卒の若い人間を入れた方が、

扱いやすいし将来もあると考える会社も多いです。

20代の若い年齢が転職に有利なのは当然と言えます。

もちろん、即戦力を求める会社も多いのも事実なので、

その会社が何を求めているのかによります。

 

ただ、転職って危険な橋を渡るという感じもあります。

なぜなら、転職ってその会社で実際に働いてみないと、

結果どうなるかなんて全く予想もできないからです。

まるで運試しでクジを引いてるかのような感じです。

クジを引いてみるまで何が当たるか分かりません。

 

同じ業種に転職するのだって全く同じことが言えます。

その会社にどんな人間がいるかなんて分からないのです。

そこでもし、人間関係が上手くいかなかったら?

なんて不安はどうしても拭えないのではないでしょうか。

人は先が見えないと不安で行動ができないものです。

 

僕もそんな不安にずっと悩んできました。

そこでどうすれば解決でいるのか考えた結果、

ネットで副業をするという選択肢が出てきたのです。

 

とは言え、コーチングやセミナー講師など、

それまでに色々とチャレンジはしてきました。

けどどれも上手く結果を出すことができませんでした。

そんな悶々とした日々を7年間過ごしてきました。

ですが最後にネットビジネスというものに出会いました。

 

そこからは人生が180度変わっていきました。

 

そして半年後には12万以上稼ぐことに成功し、

1年3ヶ月後には独立するという夢も叶いました。

ネットで副業をすることは仕事を辞めずにやれるので、

非常にリスクがなく収入の基盤を作ることができます。

 

それに月1万とか3万とか5万とか、

そんなレベルなら特別な知識や才能なんて全く不要です。

そこから集客というビジネスの基礎を学んで、

更にメルマガという高度なビジネスにも展開できます。

 

誰もがビジネスなんて難しいと思ってしまいがちですが、

最初から高度なことをやろうとすると失敗します。

最初だからこそ最もシンプルな方法がいいわけです。

けどそれも正しい方向性を知っていればの話です。

それを知らなければ結局は挫折の原因になるんですね。

 

正しい方向性を理解してそれを継続することで、

時間のないサラリーマンでも副業で結果を出せます。

そして副業をすれば35歳を過ぎると転職が難しいなんて、

そんな次元の低いことで悩むことすらなくなってきます。

 

「ダメならまた次を探せばいいや!」

 

収入の柱があるだけで全然気持ちが違うんですね。

僕達はお金がないことで凄く悩まされて生きています。

転職が難しいことだって結局はお金です。

生活の保障があれば転職なんてバンバンできます。

 

世の中お金じゃないと言いつつも、

私生活を覗けばあまり使わないよう節約しようとか、

欲しい物があっても財布と相談してしまうとか、

何かしらお金に翻弄されながら生きてるのが現実です。

 

そして翻弄されてることすら自覚していない・・・

 

デパートのバーゲンセールを狙うのだって、

スーパーの閉店間際の総菜の値引きだって、

限定だから、お得だから、安売りしてるから、

全てにおいてお金というものに翻弄されてるのです。

ではお金に翻弄されない状態とは何かと言うと、

 

お金のことを気にせずやりたいことをやる。

 

ということなのです。

この「気にせず」というのが案外難しいと思いがちですが、

それは雇われて貰っている給料だけだからなんです。

会社の給料以外で収入の柱を1つでも作れば、

お金の奴隷状態から少しずつ抜け出せるわけです。

 

仕事が辞められないことだって、

結局はお金の奴隷になっているからなんです。

そもそも転職することだってお金が絡んでいます。

今より待遇が良い会社に行きたいのは誰だってそうです。

どうせ会社に期待するくらいなら、

 

自分で稼ぐ力を身につけてしまえば良いだけの話です。

 

本来はたったそれだけのことなんですね。

まずは収入の柱を作ってから転職活動をした方が、

心にも余裕を持って取り組めますし、

その方が圧倒的に失敗しないし、

それにリスクを回避することも容易になります。

 

そうなれば35歳を過ぎて転職が難しいなんて、

自分に何ら関係のない世界の話になっていくのです。

そもそも辞めて無職状態でも、転職先で失敗しても、

ある程度の生活していける収入が確保できればいいのです。

 

それに何のために転職をする本来の目的は?

自分が安心感を得たいからではないでしょうか。

だったら自分でその安心できる基盤を作ればいいのです。

会社に頼ろうと外側に答えを求めても結局は外側なので、

水面に浮いた枯れ葉のようにどこに流されるか分かりません。

 

本当の意味で地に足を付けるなら、

やはり自分の力で稼ぐ力を身につけることです。

その方が人生は格段に楽しくなっていきます。

 

 

PS.

仕事をちょこちょこっと済ませて昼からスノーボード。

そして帰りはいつものカフェで夕ご飯。

こんな日々が幸せだなぁってつくづく感じてます。

自分が本当はどうしたいかが現実を作るんですね。

それには今の思考を思い切って変える必要があります。