僕には学生の頃からの付き合いの友人がいますが、

その一人とは数年前から疎遠状態になっていて、

今年の夏に数年ぶりに再会しました。

 

もう見事な太っ腹な男に成長されてました。

 

もともとが太りやすい体質で、

身長も162センチくらいしかないので、

20代の頃から外見は少しポッチャリしてました。

そんな友人も20代中盤くらいの頃、

 

「俺は会計士になって独立を目指すんだ!」

 

なんて夢を雄弁と語っていて、

当時、何も夢のない僕は彼の話を聞かされて、

 

「へー、そうなんだー」

 

と棒読みの如く無神経に反応してた記憶があります。

最初は会計や簿記の分厚い本がこたつの上に並べられ、

全20巻くらいの辞書くらいの分厚い〇〇全書みたいな、

異様な難しそうなシリーズものの本があったり、

そんな彼の顔は得意げな表情を浮かべてました。

 

しかし、1~2ヶ月おきに彼に会いにいくと、

分厚い〇〇全書みたいなやつが部屋の隅っこに追いやられ、

更に1~2ヶ月後に会いに行ってみると、

今度はこたつの上に置かれた参考書が神隠しに遭い、

更に1~2ヶ月後に会いに行ってみると、

手にはゲームのコントローラを握る彼の姿がありました。

そして極めつけには昼間から酒を飲んでました。

 

あの燃えたぎるばかりの情熱の炎は、

わずか1年足らずで消えてしまい、

まるで千と千尋の神隠しに出てくるかおなしの如く、

何者かに生気を吸い取られたお姿になってました。

 

僕はあえてそこにはツッコミはいれず、

プライドの高い彼を傷つけないよう、

とりあえず適当な世間話をしましたが、

内心ツッコミたくて仕方がありませんでした。

今では笑いのネタに度々させてもらってます。

 

そんな彼も今では地元広島の不動産会社に就職し、

世間一般の立派な典型的なサラリーマンの象徴となってます。

決まった時間に出勤して、言われた仕事を適当にこなし、

アフターファイブは仕事仲間と飲みに行き、

休日は仕事仲間と釣りをして過ごしてるそうです。

仕事が終わればコンビニで安いチューハイを買ってきて、

夜な夜な一人晩酌を毎日飽きずに継続してるそうです。

 

そんなことに継続するんなら、

同じ時間分だけネットビジネスすれば、

人生が180度激変するだろうに・・・

 

と思いましたが、

プライドが高いので傷付けないよう、

ツッコミたい気持ちを何とか我慢しました。

 

結局、労働することって、

あまり苦労しなくてもストレスは溜まるんですね。

再開した友人も仕事仲間に恵まれていると言ってましたが、

 

そもそも好きなことをしていない時点で、

どんなに恵まれていると思ってても、

何となく怠慢な日々を過ごしてしまったり、

このままでいいのかとぼんやりと過ごしてしまったり、

何の為に生きてるのか分からなくなってしまうんですね。

 

今回の話に出た友人にしたって、

仕事仲間に恵まれて仕事も安定してると言ってましたが、

それでも仕事のストレスが溜まり続けてしまうので、

アルコールに依存して解消しようとしてしまうんです。

 

アルコール依存症になれば、

元である仕事を絶つという根本的解決を考えなければ、

いくら入院して身体は回復しても繰り返してしまいます。

 

ストレスって目には見えないので原因が分かり難いです。

けど大概は心にフタをしてしまう原因が必ずあります。

それが仕事の問題であったり、家庭の問題であったり、

その元を絶たなければ解決どころか状況は悪化していき、

気付いた頃には手の施しようがないところまでいきます。

 

そしてそれらに共通していることにお金が絡んでます。

 

仕事を辞めれば生活ができなくなる不安があったり、

複雑な家庭事情から離れて安住を手に入れたいなら、

賃貸を契約するための初期費用や生活費が掛かります。

今抱えている悩みをお金で解決できることは多いです。

 

かといって今の収入では自分の思い通りにいかない・・・

場合によっては収入減を絶つ覚悟も必要かもしれない・・・

 

そうなると別の選択肢を考える必要があるんですね。

今を変えたいならそのための種蒔きをしなければいけません。

自分が動かなければ現実を変えることはできないからです。

では何をすれば八方塞がりな状況を抜け出せるのか?

それには以下の条件が必須となります。

 

  • 限りなく小資本で始められる
  • リスクがない
  • やるべきことがシンプル
  • 場所や時間を選ばずにどこでもできる

 

それを考えるとネットビジネス択一と言えます。

上記の条件を全て可能にしているからです。

サラリーマンの副業から始めるなら、

ネットビジネスが最も条件に合っているのです。

 

仕事のストレスでアルコール依存症の友人のように、

漠然とした不満を抱えながらそのまま将来を向かえるか、

あるいは本当はどうなりたいかに素直になって行動するか、

それぞれ同じ時間を掛けて1年後に両者が出会ったら、

人生の差は天と地ほどの差となっているでしょう。

 

あなたは本当はどうなりたいですか?

 

 

PS.

大阪のアパホテルで夜な夜な記事を書いてます。

東京のアパホテルに泊まった時は、

コインランドリーがなくて困りましたが大阪にはありました。

今年になって東京や大阪など外に出歩くことが増えて、

引っ越しもしたんで生活環境が変わりつつあるのを楽しんでます。