自分には何が向いてるのか分からない・・・

自分に合った仕事なんてどこにもない・・・

今の仕事が辛いし、将来に不安ばかり・・・

仕事って考えると難しいことばかりですね。

僕も自分にできる仕事なんて分かりませんでした。

 

10代の頃から何がしたいかなんて分からず、

ただテレビゲームが好きだったので、

ゲームプログラミングの専門学校に通いましたが、

情熱も何もなく学校も家まで3時間くらい掛かるので、

途中から行かなくなって家でゲームばかりしてました。

こんなんで親に教育費払ってもらうのが申し訳ないと思い、

1年間通ってからその後は退学してしまいました。

 

20代の頃はずっとフリーターでした。

一応パソコンの知識をある程度理解してたので、

何か資格を取ってIT関係の仕事に就きたいと思い、

いろいろスクールに通ったりもしましたが、

資格を取るまで続けることができずに挫折ばかりでした。

 

20代も後半までフリーターのままだったので、

将来的に不安があるのでアルバイトを思い切って辞め、

派遣社員として製造業の会社に入社しました。

理由は時給が良かったっていうのもありますが、

正社員への登用もあるのでちょっと期待してたのです。

 

製造業という業界を約6年くらいやったと思います。

その間に同じ業界で転職を1回経験しましたし、

2社目ではいろんな部署を経験しました。

3年間配属された部署では人間関係に馴染めず、

パワハラや孤立化に悩まされる日々も送りました。

こんなうだつの上がらない日々を30代中盤までやってました。

やってきたことも専門的なスキルを身に付けたわけではないので、

いつまで経っても自分にできる仕事がないままでした。

 

だけど一見すると無駄な時間を過ごしたかのように思えて、

こうしたいろんな経験をすることが重要だったんです。

というのも好きなことなんていきなり見つからないからです。

誰もがビビッとくるものにすぐ出合えるなら苦労はしません。

 

自分に合うものを見つけるには経験が大切。

 

僕は仕事このことだけじゃなく、

2007年から心理学を勉強しはじめたんですが、

心理学セミナーの講師を目指していた時期もありました。

他にはコーチングというカウンセラーのような、

1対1でセッションするようなこともスクールで学び、

プロのコーチとして独立を目指してた時期もありました。

けど、どれも実を結ぶことなく終わってしまいました。

 

このような学びに掛けたお金だって、

トータルで計算すれば200万くらいは使ったと思います。

結局は何も結果を出すことなく終わってしまった・・・

と当時の自分の思っていた時期もありました。

 

けどこうした経験が次へと繋げてくれたんですね。

 

自分にできる仕事がないという人は、

とにかく経験を積むことがやるべきことです。

何も動かずに考えているだけでは時間の無駄になります。

ネットビジネスに挑戦することだって同じことです。

もしかすると、それが自分に合ってるかもしれない。

 

けど、そこで躊躇して行動に移さなければ、

なんの経験値にもならないので成長もできません。

上手くいくかいかないかなんて後の後の後に考えることです。

そんなこと最初から考えたところで上手くはいきません。

 

大切なのは自分が本気で変わりたいかどうかだけ。

 

そうした視点から見れば、

本気さえあれば最初からどんな方法を選んだとしても、

成功まで駆け上がることだってできるんですね。

なぜなら挫折の一番の原因として挙げられるのが、

途中で自分を信じられなくなることだからです。

 

最後までやり抜く本気度さえあれば、

極端な話、手段なんて何を選んでも成功できるのです。

僕も過去の自分を振り返ってみてホントにそうだと思います。

 

けどこうした本気になれるまでは、

大抵の人はいろんなことを経験することが大事なんですね。

本気になるって生活が厳しくて窮地の状態でも本気になれます。

そうした人は必死になってやろうとするからです。

 

中途半端に余裕のある人が一番厄介です。

まさしくぬるま湯に浸かっている状態がそうです。

ある程度仕事ができて、定年まで働き続けることができて、

人間関係もストレスこそあっても何とかやっていけれて、

家族ともギリギリだけど何とか生活もやっていけるし、

それなりに上手くやっていけてるから特に問題ない。

そんな中途半端な状態が一番動けません。

 

やはり人は危機を感じてはじめて動けます。

これは人間の心理なので仕方がないところでもあります。

反対にネットビジネスというスタイルが型にハマって、

面白くなる人もいますがそうした人は成功できます。

なぜならやってることそのものが楽しいからです。

 

これは趣味と同じで好きだからこそやってしまいます。

体が勝手に動くし、頭の中もそれで一杯になります。

それこそやってることが楽しいという証拠です。

それでも何が自分に合うかどうかなんてのは、

 

結局はやってみないことには分からないのです。

 

自分にできる仕事がないと思うのは当然だと思います。

今までパッとしないことばかりだと、

この先はもっと不安なこを想像してしまいますよね。

仕事ができなくなって、仕事が見つからないままになり、

生活が苦しくなって頼れる人もいなくて・・・

そんなことがふと頭をよぎったりもします。

 

とは言え、やはり何事も経験が大切です。

目の前にチャンスがあると分かっているのなら、

思い切って飛び込んでみるくらいはすべきなのです。

そうしないと頭に描いてる幸せなんて絶対に実現できません。

思い切って行動するからこそ幸せを実現することができるんです。

そこで迷っているという感情は実は邪魔しているだけなんですね。

 

つまり今のままの人生で本当にいいのかってことです。

僕はそれが嫌なので思い切ってネットビジネスに挑戦しました。

自分にできる仕事がない人は自分にできる仕事を作ればいい。

そうすればわざわざ現存するものから探す必要はありません。

そのための手段はネットを使えば、ほぼノーリスクでできます。

だからこそ今の日本は非常にチャンスに恵まれてるのです。