給料は我慢料なんていう言葉をご存知でしょうか。

これは美輪明宏さんが若い世代に向けて言ってました。

これから就職活動をする若い世代に向けて、

若者の働く体力がないことを懸念して言ったことです。

 

楽してお金なんて貰えるなんてあり得ませんし、

確かに仕事にはある程度の忍耐力は必要です。

それに辛いこと苦しいことに逃げてばかりいれば、

人間として成長することも難しいでしょう。

 

僕は正直、日本のバブルだった時代に、

我慢して働けば報われるという意味かと思いました。

まるで昔の時代に言われてた言葉のように感じたからです。

昔は年功序列や終身雇用が保障されていました。

会社に長く居続けるほど有利だったのです。

 

ところが現代は年功序列や終身雇用は崩壊し、

大手の企業が軒並み倒産することも目立ってきました。

もはや驚くどころか「またか」みたいな感じです。

 

そして業績に応じてボーナスが減額されるのは当たり前で、

通常の給料だって理不尽に下がってしまうこともあります。

たとえば僕の以前に勤めていた製造業の会社で、

新卒入社で30年働いてる人とたまたま知り合いになりました。

 

当時僕の給料の手取りが10万3千円でしたが、

その知り合いは僕の手取りのプラス2~3万程度でした。

理由を聞いたら会社が合併して他の傘下に入ったため、

元々の社員は全員初任給からになったそうなのです。

 

これってあまりに理不尽だと思いませんか?

その頃、多くの社員が辞めていったそうです。

新卒入社の正社員でさえこんな目に遭います。

 

それに多くの人が好きでもない仕事をします。

我慢して我慢してストレスを散々溜め込んで、

それでもジリ貧で追い込まれていく人もいます。

 

僕も班の班長から執拗なパワハラを受けてました。

一時は人間関係を取り戻そうと思い、

自分の態度を改めて人間関係改善に取り組みましたが、

逆に班長からのパワハラは激化していきました。

高圧的な態度が効果的だと勘違いされたのです。

 

そもそもが価値観の違う者同士の集まりです。

人は知らない相手には攻撃的になります。

なぜなら自分を守るために必死になるからです。

自分の知らない相手だからこそ怖いのです。

 

そうなると分かり合うことなんて難しいのです。

一方が折れて歩み寄りをしようとしたところで、

その態度の意味を取り違えて余計に誤解を生み、

亀裂はどんどん深まって改善不能になります。

 

それだけ合わない場所にいることは危険なのです。

 

それを給料は我慢料という言葉だけで片付け、

必要以上に我慢し続けることは人生の無駄遣いです。

僕達は限られた時間しか与えられていないのです。

お金や愛や健康より最も重要なのは時間です。

 

命という時間があるからこそ、

お金や愛や健康が満たせるのです。

 

給料は我慢料だと思って好きでもない仕事を我慢すれば、

仕事のストレスを発散するためにお金を散財します。

要らない物を買って、うっぷんを晴らすために使ったり、

気がつけば何にお金を使ったのかさえ分からない始末。

 

愛というのは家族や恋人、それに友情だってそうです。

仕事が精神的に苦痛で擦り減っていく毎日だと、

大切な人と心から楽しい時間を過ごせなくなります。

誰とも接したくなくなって友人と疎遠になったり、

恋人に当たり散らして関係性が悪くなったりします。

 

健康だってストレスそのものは鬱になりますし、

精神が病めば比例して肉体も病みやすくなります。

食事をあまり取らなくなれば栄養不足になって、

体調を崩しやすくなるのは自然なことです。

 

仕事を我慢して擦り減っていく毎日に、

給料は我慢料だと割り切ろうすること自体が無理があるのです。

そんな我慢は百害あってわずかな一利さえもありません。

仕事で我慢することが報われると思えますか?

 

我慢の割に得られる対価が少ないと感じませんか?

 

あれだけ散々我慢を強いられても、

貰える給料は実際の労働した対価でしかないのです。

我慢料というのは実際に含まれてはいません。

 

つまり自分を適正に評価されていないのです。

 

だからと言って会社を憎んでても、

それで状況が変わればいくらでも憎みますが、

何も変わらないのはあなたも十分に承知だと思います。

やはり自分を適正に評価してくれる場所を求めるべきなのです。

 

僕はその場所にネットビジネスを選びました。

ネットビジネスは会社が評価の対象なんかじゃなく、

日本そのものが評価の対象になります。

 

ネットを使うことで世の中の人々を相手にするからです。

そこで得る対価は純粋に価値を感じてくれたからです。

届けたい対象に求めている情報を届けることで、

その対価として報酬を受け取ることができます。

 

製造業なんかではよくありがちなことですが、

自分のやってることが社会にどう貢献しているのか。

そこが分からずに働く人が案外多いものです。

そんな仕事にやりがいなんて感じられるでしょうか。

全体像も把握しないままでする仕事なんて、

合ってない場所だからそうなってしまうんです。

 

例えば休日に旅行に出掛けようと思えば、

まずどこに向かうかという目的を決めますし、

何に乗るかとか、何時に出て何時に着くかとか、

途中で昼食はどうするかとか考えますよね。

こうやって自分がやることは全体像を把握します。

 

ところが会社ではそれが分からないとなると、

はっきり言って合ってる場所とは言えません。

かと言っていきなり辞めることも難しいものです。

転職なんて勇気もエネルギーも必要になってきます。

そんな恐ろしいことをいきなりやるなんて、

年齢が上がれば上がるほど怖くてできなくなります。

 

だからこそネットビジネスはサラリーマンと相性が良いのです。

会社を辞めずに空いた時間で自分の未来に希望を作るために、

段取りができるなんてネットビジネスが最も適してます。

 

いきなり投資の世界に入る人がいますが、

投資とは基本的に資本が必要になってきます。

数百万も余剰資金を作ることができるでしょうか。

 

いきなり投資資産を作るよりビジネスから始めて、

事業資産を作った方が確実にステップアップできます。

それにビジネスで養った感性が投資にも活かせるので、

実はそっちの方が投資は確実に利益が上げられます。

今の自分にできる段取りこそが身を助けるのです。

 

 

PS.

今日もスノーボードを楽しんできました。

帰りにいつも通ってるカレー屋で夕飯を食べたんですが、

写真を撮っておくのを忘れてしまいました。