人ってどうしたら成長できるのでしょう。

もっと大人な考え方ができるようになりたい。

もっと冷静な対応ができるようになりたい。

自分の感情に振り回されたくない。

 

色々と成長したいところがあるかと思います。

では何が成長を止めてしまっているのでしょう。

それが分かれば苦労はしないですよね。

だけど、はっきりとした答えがひとつあります。

 

それは物事に対する解釈の仕方です。

 

人は現実をどう解釈するかによって、

その後の行動が変わって人生すらも変わります。

 

財布の中に1万円札が1枚入っていて、

まだ1万円も入っていると解釈するか、

もう1万円だけしかないと解釈するかで、

その後の気持ちも変わってきますよね。

 

今回は、僕が大阪の心理学セミナーにて、

人の解釈がどのように現実に影響していくのか、

という内容を学んできたのでシェアしたいと思います。

 

運命の正体

 

あなたは運命と聞いて何を想像しますか?

よく運命の出会いとか、運命の人なんていいますね。

また「運命」とネットで検索してみると、

以下のような説明が出ます。

 

運命とは、人の意思や想いをこえて人に幸・不幸を与える力を意味する。運命(さだめ)などとも言う。運命論では、人の幸福・不幸などは、人の力をこえたところであらかじめ決まっている、と考える。

運命 – Wikipedia

 

確かに意志ではどうもし難いでしょう。

ここでは「人の力をこえた力」とあります。

では、なぜ「人の力をこえた力」なのでしょう。

 

それは無意識にパターン化されたプログラムだからです。

 

例えばコンビニには常に決まった一定数の客が来ます。

1ヶ月単位、1年単位でデータを見ると、

不思議と一定のパターンで動いてるのが分かります。

 

他にはブログのアクセス数に関しても、

一定の割合のユーザーがアクセスします。

1ヶ月単位、1年単位でほぼ決まったパターンです。

 

このように人間は無意識にパターン化された行動をします。

僕達は自分の意志で行動しているようで、

 

実はパターン化されたプログラム通りに動いてます。

 

なのでいきなりランニングを習慣付けようとしても、

次第にモチベーションが下がってきてしまうんですね。

これは潜在意識が感情を通して止めてくるからです。

潜在意識は現状を維持することを最優先します。

その方が生命を最も安全に守れるからです。

 

けど望む人生にしたいなら、

どこかで自分を変えていく必要があります。

つまりパターンから抜け出していく必要があるんですね。

 

これを「コンフォートゾーン」と言われたりします。

コンフォートゾーンとは自分の安全圏内のことです。

自分を変えるにはこのゾーンから抜け出す必要があるのです。

けどゾーンから抜け出すことは居心地が悪かったりします。

 

たとえば人前に出ることに慣れていない人は、

人前に出ると心臓がバクバクして緊張します。

けど自分を克服して堂々と話せるようになるには、

人前に積極的に出ていく必要があるわけです。

 

泳ぎの練習にしたって知識だけでは不十分で、

実際に水の中に入っていかなければいけないわけです。

こうしてゾーンから抜け出すことで成長します。

 

なのでどうしたら成長できるのか?というのは、

コンフォートゾーンを抜け出すことにありますが、

ここに解釈の仕方が大きく関わってくるのです。

 

運命はスパイラルになっている!?

 

僕達はこの世を自分の尺度で解釈してます。

つまり自分のフィルターを通して世界を見てるわけです。

嫌いな人には「嫌い」というフィルターを通して見て、

好きな人には「好き」というフィルターを通して見ます。

 

解釈の仕方によって現実は変わる・・・

と冒頭にてお伝えしましたが、

それは以下のような流れになります。

 

  1. 認識
  2. 解釈
  3. 感情
  4. 思考
  5. 言葉
  6. 行動
  7. 習慣
  8. 現実

 

この順番で流れていきます。

しかもこれはスパイラル状になっているので、

現実から再び解釈へと戻っていきます。

つまり良い解釈の仕方をすればどんどん良くなり、

悪い解釈の仕方をすればどんどん悪くなるわけです。

これを「スパイラル連鎖」と言います。

 

では冒頭の1万円札を例にして、

それぞれの流れを見てみましょう。

 

まだ1万円も入っていると解釈:

  1. 認識 = 財布の中に1万円札が入っている
  2. 解釈 = まだ1万円も入っている
  3. 感情 = 喜び、安心
  4. 思考 = 誕生日プレゼントに使おうかな
  5. 言葉 = 何をプレゼントしたら喜ぶかな?
  6. 行動 = 喜ぶ姿を想像しながらお店に行く
  7. 習慣 = 人が喜ぶお金の使い方
  8. 現実 = 人に恵まれた環境

 

もう1万円だけしかない:

  1. 認識 = 財布の中に1万円札が入っている
  2. 解釈 = もう1万円だけしかない
  3. 感情 = 不安、焦り
  4. 思考 = 節約して自分のお金を守ろうと考える
  5. 言葉 = 給料日まで我慢しないと!
  6. 行動 = 我慢する日々だけどストレスで節約失敗
  7. 習慣 = できない自分が習慣化される
  8. 現実 = 自信を失った自分

 

いかがでしょうか。

最初のスタートである認識はどちらも一緒です。

だけど2番目の解釈の仕方によって、

その後の流れが大きく変わっていきました。

 

これを繰り返すことで運命が決まります。

なぜならスパイラル連鎖になっているからです。

つまり自分の中でパターン化するということです。

ということはこのパターン化を変える必要があるんですね。

そこでこのパターン化を変えるポイントが、

 

物事に対する解釈の仕方なのです。

 

この解釈の仕方次第で結果が変わり、

運命すらも変わっていくわけです。

 

モチベーションも解釈次第

 

僕もネットビジネスを始めた頃、

ブログを書くことをパターン化していきました。

けど初めてやることなのでブログを書くことが億劫でした。

だけどそれでは悪いスパイラルになってしまうんですね。

当然、モチベーションもダダ下がり状態です。

 

そこでネットビジネスに対して、

可能性を感じる感情に意識するようにしました。

つまり感じる感情を通して解釈を変えたということです。

 

するとブログを書き続けるとアクセスが集まりはじめ、

それによって収益が少しずつ上がるようになってきました。

可能性を感じるものだから行動も継続できました。

結果、独立して自由な人生が実現しました。

 

解釈とは頭で考えるだけじゃなく、

感じる感情を通してだとか、

ビジョンとして見えてくるものだとか、

 

あなたが納得できるものなら何でもいいんです。

 

つまり自己説得できるものなら何でもいいのです。

僕達は自分が納得できなければ認められないし、

それに行動に移して継続することも難しいです。

いかに自分が納得できるかが肝心なのです。

それが解釈する上で重要な要素となります。

 

だいぶ長くなってしまいましたね。

今日はここまでにしておきましょう。

ぜひ解釈の仕方を変えて人生を豊かにしていきましょう!

 

 

PS.

先日の土日もボード仲間とワイワイ楽しんできました。

やっぱり楽しんだ自分を褒めてあげるのって良いですね。

自分でも何だかホットな気持ちになれます。

これも解釈の仕方なんですね。

 

PPS.

翌日は車のオイル交換のために、

約2時間掛けて広島市内まで行ってきました。

帰りのサービスエリアで食べた豚生姜焼きが安定の美味さでした。