貯金 節約 コツ

 

毎月の決めた貯金額を目標にして、

その為に節約をして頑張る人がいます。

そもそも貯金とは何の為にするのでしょう。

 

それは安心感を得たいから。

 

突き詰めればそういうことです。

確かに口座にある程度のお金があれば、

いざという時に対処することができますね。

それに何よりも気持ちの面で大きいです。

貯金がないよりある方が圧倒的にマシです。

 

けど世の中の人は貯金をする為に、

生活を犠牲にして一生懸命に節約に頑張ります。

勤勉な人は貯金や節約のコツをネットで検索し、

日々我慢しながら暮らす選択をします。

 

たった月3~4万の貯金の為に・・・

 

そこまでして何の為に貯金をするのか・・・

それは、もしもの時や老後の為でしょうか。

何だからそれでは人生が楽しくない感じがして、

その先のゴールは虚しさしか残りません。

 

今回は貯金や節約をすることの危険性と、

人生を豊かにするお金の使い方をお伝えします。

それによって貯金が人生の無駄遣いだと気付けて、

人生をより豊かにするお金の使い方ができます。

 

 

人生の目的を貯金にしてはいけない

 

僕がネットビジネスで独立して、

2年目が経った頃の話です。

 

ひたすら記事を書きまくって月収100万を超え、

少しずつ作業時間を減らしても収益は伸び続け、

遂に月収200万まで到達しました。

 

当初、目標にしていた月収100万を超えた時は、

まさか自分が達成できると夢にも思いませんでした。

なので収益の合計額を計算して桁が違う数字を見て、

何度も確認しては一人でガッツポーズを取ってました。

 

それに作業時間を減らしているにも関わらず、

収益は溢れるように増えていったんですね。

いつしか100万円台が当たり前の感覚になり、

嬉しさや感動の感情はなくなってました。

 

けど当たり目の感覚になることは良いのです。

なぜなら潜在意識の書き換えができてるからです。

当たり前の感覚とはそういうことなのです。

 

だけど問題はそこではありませんでした。

同時にモチベーションも下がってたんですね。

100万を突破したことで燃え尽きたのです。

 

つまり、お金の心配が僕の人生から消滅した瞬間、

その後の自分がどうしたいか決めてなかった為に、

目標を見失ってモチベーションが下がりました。

 

確かにそのまま200万までは伸びましたが、

そこからは伸び悩んでしまいました。

 

100万から200の間でくすぶってしまい、

それでも収益はちゃんと入るからと安心し、

努力をすることを怠ってしまったのです。

 

しかし、成長を自ら止めることで、

収益は少しずつ下がっていきました。

確かにサラリーマンの平均月収と比べると、

僕の収入はその遥か何倍もありました。

 

けど問題は成長を止めたことでした。

その代わり貯金をせっせとしてました。

その理由とはこうです。

 

「税金を取られるからしっかりと貯金をしないと」

 

確かにごもっともなことです。

ただ僕は知らず知らずのうちに、

造幣局で印刷された紙きれを集めるのに躍起になり、

お金をかき集めるコレクターになってました。

 

 

お金の奴隷ではなくお金の使い手になる

 

僕は今のくすぶってる状況を、

なんとか超えていきたいと思うようになりました。

そもそも月収200万で止まってしまった原因は、

 

学ぶことを止めて、貯金を意識してたからです。

 

お金というのは実は生モノと一緒です。

生モノは時間が経つと腐ってしまいます。

お金も一緒でいつまでも自分の元に置いておくと、

 

浪費に使って腐らせてしまうのです。

 

貯金を一生懸命に頑張ったのに、

数年もすると無くなってるケースは多いです。

しかも何に使ったかも覚えてないくらいです。

お金とはそれだけ簡単に消えてしまうのです。

 

なので止めておくことは不可能なんですね。

これが貯金をしても意味がない理由です。

結局、何かで使って消えてしまうのです。

 

なので僕は目標の再設定をしました。

それは総資産30億を超える超富裕層を目指すこと。

 

これは僕だからじゃないですよ。

あなただってこれくらいでもいいんです。

そもそも夢や本当はどうなりたいっていうものは、

今の自分の制限を超えた先にあるものなのです。

思い描くことそのものは自由なのです。

 

夢や理想について考えた時、

もし、謙遜や恥ずかしさが出てきたとしたら、

それが他人の価値観に縛られている証拠です。

 

そしてそこに向かって歩むことは、

実現する為に学んでいかなければいけません。

学ぶとは知識や知恵に自己投資をすることです。

 

そして学ぶ為のお金の使い方を自己投資と言うのです。

 

お金の使い手になるには、

この自己投資を中心にお金を使うことが大切です。

自己投資とは、それにお金を使うことで、

 

使った以上のリターンが返ってくる使い方です。

 

株や不動産がよく投資と言われますが、

出資したお金以上のリターンが返ってくるので、

投資家達は資産をどんどん増やしてるのです。

 

僕達は投資家のように株や不動産を買うには、

あまりにも資金不足で手が出ません。

なので自己投資をして学んでいくわけです。

実はちまちま3~4万の貯金に励むより、

 

ビジネスで3~4万稼ぐ方が圧倒的に簡単です。

 

難しく感じるのは世の中の価値観と、

知らないから不安や怖れを抱いてるだけです。

なのでほとんどの人が食わず嫌いになります。

最初から無理だと勝手に決めてるのです。

 

けど自分の収入は自分で決めていいんです。

 

なぜ労働して月10~30万が当たり前なのでしょう。

周囲にそうした人達ばかりだからでしょうか。

それが既に他人の価値観で生きてる証拠なのです。

 

周りが同じだから自分も同じだと思ってしまう・・・

 

けどあなたが仮に月100万と意識すれば、

脳は無意識に100万を探し求めます。

 

まるで好きな異性だと一発で名前を覚えるように、

大勢の中にいるのに簡単に見つけられるように、

100万という領域を追い掛けるようになります。

 

もっと言えばエアコンの温度設定のようなものです。

部屋の温度を25度に設定したとしましょう。

熱くなれば涼しい風を出して部屋を冷たくし、

寒くなれば暖かい風を出して部屋を暖めます。

 

自分の限界を周囲の価値観に合わせないことです。

エアコンと同じように自由に設定できるわけです。

 

あなたは本当はどうなりたいのでしょうか。

 

本当は周囲と同じなのは嫌じゃありませんか?

もっと幸せや喜びを感じたくありませんか?

なぜ人生で我慢することばかりなのでしょう。

それは自分の人生設定が他人の価値観だからです。

 

 

お金は腐らせてはいけない

 

お金とは生モノと言いましたが、

お金とは水のような性質でもあります。

 

海水も川の水も湖も水も、

全て常に絶えず動き続けています。

 

基本は重力に従って上から下に流れます。

なので常に動き続けているわけです。

水というのは常に流れ続けているのです。

 

これはお金でも同じことが言えます。

お金とは貯金をしても消えてしまうもので、

お金に対して健全な付き合い方とは、

 

お金の流し方を変えることです。

 

お金の流し方を誤ってしまうと、

見栄を張って高級車やブランドを買うような、

浪費をして借金だけが残る使い方になります。

 

けどお金の流し方を正して、

知識や知恵に自己投資にするように流せば、

そのお金が更に多くのお金を流し込んでくれます。

 

貯金をして貯めておくというのは、

花瓶の水と一緒でやがて腐ってしまいます。

貯めても浪費をしても消えてしまうのです。

 

貯金を人生の目的にしないことです。

それよりは本当はどうなりたいのか、

自分の本当の生き方を実現する為の自己投資に使い、

お金がたくさん返ってくる方が人生は楽しいです。

 

何もいきなり全てを自己投資しろとは言いません。

ただ自己投資の意識を持っておくことは、

今後の人生を大きく左右するのは確かです。