干渉されない 仕事

 

他人にほとんど干渉されることのない、

1人でコツコツできる仕事がしたい・・・

僕もそういう働き方を求めていました。

けどいろんな仕事を経験してきましたが、

 

そんなものは実現しなかったんですね。

 

例えば1人で個室で仕事ができるけど、

短時間だとか、期間限定ですぐに終わるとか、

気楽な仕事ができても続かなかったんです。

 

その代わりに嫌なポジションに就かされると、

パズルのピースのようにカッチリはめられてしまい、

何年も苦渋を舐める日々を負わされてきました。

もう一生このままだと思わされるくらいにです。

 

良いことは短く、悪いことはひたすら長い・・・

 

これを読んでるあなたもそう思いませんか?

所詮他人の作った世界はそんなものなのです。

だけど、この記事のタイトルにもあるように、

他人に干渉されない仕事ってニートにもできて、

かつ何歳からでも全然やれるものがあるんですね。

 

それがネットビジネスの世界なんですけど、

今回はそんなネットビジネスの必要性をお伝えします。

当時の僕のように天から降りてきた蜘蛛の糸のように、

現状を打破する希望を感じられるでしょう。

 

 

他人に管理される人生こそ否定すべきこと

 

僕も30代中盤までは会社から給料を貰い、

サラリーマンとして働いていました。

 

ネットビジネスでは大学在学中に起業し、

そのまま起業家として生きる風な人が多いですが、

ネットビジネスの世界はそういう若者ばかりじゃなく、

30代、40代、50代でも結構多いのです。

というより30代、40代が多いですね。

 

けどサラリーマンが決してダメというわけじゃなく、

自分にちゃんと目標があってしっかりと行動してるとか、

家族を守る為にやりがいを持って働いている人とか、

そういう人達は僕は心から尊敬しています。

やりがいは職種や生き方に関係なく重要です。

 

しかし、世の中の大半の人達は、

会社への不満を持ち、同僚と愚痴ばかりをこぼし、

だけど自分は会社に指示されたことしかできない。

完全に他者依存状態に陥ってるケースが多いです。

しかもそのことに自覚すらできないのです。

 

だけどそうなってしまうのも、

決してその人が悪いと言ってるわけじゃないんですね。

そもそも日本の教育では必要なことを学ばせてもらえず、

そのまま社会に放り出されてしまっているのが原因です。

 

その最も顕著なのはお金の使い方です。

お金って誰もが貯金することが大事だと思ってます。

けど貯金したってそこから何にも変わることはありません。

 

大切なのは知識への投資であって、

お金を投資して更にお金を生み出すことなんですね。

だってそうした方が人生が変わっていくじゃないですか。

ただ眠らせておいたって何も変わることはないのです。

発酵食品じゃあるまいし美味しくなんてなりません。

 

じゃあ、なんでこんなことが言えるかと言うと、

僕自身が以前は会社に依存していた人間だったし、

そこから起業をして自己責任の世界に入ったからです。

両方の世界を知ったから本当の意味で分かったのです。

 

経営者は従業員より圧倒的に自由で収入も多いです。

 

それにリアルビジネスよりネットビジネスの方が、

利益率は圧倒的に良いし、取引先や仕入れ先など、

面倒なことがほぼ皆無なのでシンプルでラクです。

 

けど実は経営者って孤独ということも事実です。

 

僕も経営者なので孤独ではありますが、

サラリーマン時代と比べると圧倒的に自由です。

朝起きる時間、寝る時間、仕事の時間も全てです。

 

あまりにも自由な世界なので、

自分のことを自分で管理できるのか不安でしたが、

実際に自由な世界に入ってみると案外できました。

今抱えてる心配って9割は実現しないですからね。

 

あなたも本当はどうなりたいかは分かっていて、

だからこそ今これを読んで頂いてるはずなんです。

なので心配の9割は実現しないと安心して大丈夫です。

 

ただ、心配するなら他人に管理されることこそ、

最大の問題であり悩みの根源でもあるんですね。

けど給料とは別に収入の柱を作っておくことで、

その呪縛からは呆気なく解放されていきます。

 

 

ネットビジネスだって最初は苦労するのが現実

 

けどネットビジネスは簡単に稼げる・・・

なんて安易に思ってほしくはないんですね。

というのもその気持ちの緩みで挑戦してしまうと、

成功率がガクンと下がってしまうからなんです。

 

「ある程度は覚悟を持っておこう!」

 

というくらいで丁度良いのです。

だって恋愛だって異性に期待し過ぎると、

フラれた時ってかなりショックじゃないですか?

 

「この人とは絶対に付き合うことができる!」

 

て、確信していたのにそうじゃなかったら、

人によってはトラウマになってしまうくらいです。

 

僕はあなたにネットビジネスに対して、

トラウマを抱えてほしくはないんです。

せっかくやろうと決心して行動したのに、

自ら諦めるという選択をしてほしくないんです。

 

なぜならネットビジネスの人口を増やさないと、

このビジネスそのものの市場規模が縮小してしまうので、

ある程度の需要性は保っていきたいのがあるんですね。

 

確かに最初は苦労するところもあるかもしれません。

立派なビジネスなので勉強する必要性もありますが、

真面目に取り組んでさえいればある日突然に、

 

作業量に対して収入が逆転する日が必ず訪れます。

 

事実、僕は1日1時間労働なのに月収200万・・・

そんな夢のような現実も手に入れることができました。

ネットビジネスとはそんな夢と可能性に溢れてるのです。

 

あなたが他人に管理される人生が嫌と言うなら、

今からでも人生を逆転することは十分に可能です。

たとえ70歳からであっても現実を変えられるのが、

ネットビジネスという世界なのです。

 

例えば水商売の世界は完全実力世界です。

どんなに学力や教養や才能がなくても、

上手くやれば大金を掴める世界なのです。

 

ネットビジネスなんて水商売と違って、

厳しい人間関係や夜の世界の独特な危険性、

体調を崩してもアルコール摂取しないといけないとか、

そこまで異常な厳しさなんて求められません。

 

なぜなら記事を書くだけというシンプルさですから。

 

それに何かアドバンテージを持ってる人が有利とか、

元々の能力や適性がある人だからできるとか、

そういう気難しい世界でもないんですね。

 

なぜなら明確な資格制度があるわけじゃないし、

ネットビジネスという職業がハローワークに出てないし、

それだけ曖昧で世の中にまだまだ認知されてないのです。

裏を返せばほとんどの人が本気でやってない証拠です。

 

なのでスマホの普及で圧倒的にネット人口は増えてるのに、

ネットビジネス市場はまだまだ発展途上なのです。

けどそれは”今”はそうなんだと言う話です。

 

 

ネットビジネスは人生を逆転させる最後の砦

 

僕は30代派遣社員で、

将来に不安しかない人生を送ってきました。

 

上司からパワハラは受け続けるし、

夜勤で体調は悪くなるし、残業も無理強いさせられるし、

社内では話せる相手が誰1人としていない孤独だし、

業務もイライラして精神的に追いつめられるし・・・

 

なんの希望もない不安だらけの人生でした。

これも他人に管理された人生だからこそであり、

雇われる限り他人に干渉される仕事しかないんです。

それこそが叶わない夢を追い求めてるようなもので、

 

自分で稼ぐ力を持つ方が圧倒的に現実的です。

 

なぜそんなことが言い切れるのかと言うと、

サラリーマンの世界は不確定要素が多過ぎるからです。

つまり、自分でコントロールできる範囲が狭いんです。

 

対してネットビジネスの世界というのは、

自分が能動的に動いて現実を創っていく世界です。

つまり自分で完全にコントロールできるんですね。

 

言い換えると収入をコントロールできるということです。

 

この事実に気付いてほしいんです。

100%完全に自由を求めなくたっていいんです。

けど国や会社に完全に依存してしまう生き方とうのは、

 

肩身が狭くて身も心も世知辛いと感じませんか?

 

仮にネットビジネスをずっと副業でやるにしても、

会社員の傍らで経営者としての顔も持てることって、

それだけで他の社員を見て優越感に感じられます。

 

社内で同じトラブルが起こったとしても、

自分を支えてくれる強い後ろ盾があるだけで、

精神的な負担をかなり軽減させてくれます。

そういった意味でもネットビジネスはやるべきです。

 

それにその先には夢の独立さえあるわけです。

当時の僕のように丸腰で挑戦したって、

勉強すれば誰だって結果を出せる世界です。

 

サラリーマンとして少ない収入で辛く生きる未来より、

能動的に動いて自分で可能性を創っていけば、

人生は少しずつ明るくなっていきます。